箸置きの石膏型を作ってみました。

新盆の来客用に箸置きが欲しいと実家からのオーダーがあったので箸置き量産のため石膏型を作ってみることにしました。デザインは迷ったのですが、後から絵付けや象眼を施すこと考えたシンプルな物と、石膏で何処まで型取り出来るのかなを見るための複雑な物にしてみました。始めは手を抜いて家にあった油粘土で原型を作ろうとしたのですが柔らかすぎて細かな造形が出来なかったので、きちんと陶芸粘土でやり直しをしました。その後、油粘土で枠を作って石膏で型取りをしました。 石膏型からの作品の抜きやすさを考慮してテーパー付けた原型作りをしましたが、複雑な物はやっぱり外れにくかったので、何度か試し抜きをしながら型の修正をしました。 抜いた後で余計な部分のカットが必要な感じになってしまいましたが、一個づつ手作りするより効率は上がりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です