Ma.K Tamagawa Meeting 間に合うかな

残り一ヶ月となったMa.K Tamagawa Meeting、今のステータスがこんな感じ、今年は1/35スケールの作品が増えそうな感じなんで、私もそこら辺狙いで。 マイオリジナルにチャレンジしたいんだけど技術だけでなくアイデアにも詰まっている感じ。とりあえず6輪ビークルを何かでっち上げようと言う感じですが、まだベースを組んで見ただけの状態です。さぁ、間に合うかな。

メカコレクション ウルトラマンシリーズ ウルトラホーク

バンダイのメカコレクションシリーズのウルトラホークを買ってきました。以前非分離版の物も作ってあり、今回はα/β/γ号が分離合体出来るようそれぞれ個別に販売されているもの入手しました。 500円くらいのプラモなんでパーツ総数も10数個位、組立一機10分位でしょうか。 合体させると15cm位の大きさです。 写真で分かりにくいかもしれませんが、ディスプレイベースも分離、合体できるようになってます。 ところでβ号の羽根のラインマークが別パーツになっているんですがこれって塗り分け易くするためにわけてあるんですかね?それともデカール貼りやすくするためかな。

メカコレシリーズって手ごろで出来もいいので、シリーズでそろえたくなっちゃいますよね。ウルトラホークは買ったその日に組みましたが、ストック化している物も結構在ったりするので、さくっとどっかでまとめて作っちゃおうかな。 塗装もシルバーくらいでいいので楽ですから。 で、希望として早くMATメカのシリーズでないですかね。マットアローや、マットジャイロ好きなんですよ。

水槽の濁りには蜆が効く

この時期の睡蓮の蕾に気がつかなかったのは睡蓮鉢の水が白濁して濁っていたからです。毎日水替えや、浄化用のバクテリアを投入していたのですが、あまり効果がなく、水は白いまんまでした。そんなとき、牡蛎とか水の浄化能力凄いよねって話をどこかでやっていたの思い出しました。さすがに活きた牡蛎を睡蓮鉢に入れる物無理なんで、蜆を使ってみることにしました。蜆なら汽水にすむので睡蓮鉢でも耐えられるかなとおもい、スーパーで蜆をゲットし、大きめの物を5,6個睡蓮鉢に入れてみました。夕方投入して翌朝確認すると、凄いことに、鉢の底まで見える状態に水が澄んで居ました。実験とかで濁り水が透明になる物を何度か見たこと有りまうが、凄いもんですね。ただ、蜆さん睡蓮鉢の環境に適応できなかった様で。数日でお亡くなりになってしまいました。 ここで驚いたことがもう一つ、お亡くなりなった蜆ですが、観察していたら睡蓮鉢の海老さんが身の掃除をしていました。これも一日で跡形も無くなってしまうんですね。いつもは苔ばかり食べているので、たまにはたんぱく質欲しいんですね。こういう状態ならお亡くなりなったメダカの亡骸が目に付かないのもえびのおかげなんですね。

今年はたくさん睡蓮が咲きそうです

去年はゴールデンウィークくらいに一通り咲いて終わりだったのですが、今年は今ごろになって2回目の開花シーズンを迎えているようです。この時期咲くとは思ってなかったのある日メダカを眺めていたら蕾が在ること気がつきました。蕾の大きさから2,3日中に咲くかなと思ったら今週の日曜日に開花して3日ほど花が楽しめました。日中開花するので平日の状況は奥さんが写真を撮って共有してくれてます。よく見るとまだ水中に小さな蕾が2,3個在るようなので秋の睡蓮がまだ楽しめそうですね。