「陶芸」カテゴリーアーカイブ

箸置き量産

先々週つくった石膏型での箸置き作りが結構うまくいったので、石膏型を追加で作りました。全開は型の詰め込んだ粘土を型から外すのがちょっと手間取りましたが、今回の型は形状工夫と、乾燥を十分にしたので非常に粘土を取り出しやすかったです。ですので、調子にのって一杯作っちゃいました。陶芸教室では猫の箸置きを褒めてくれた人が多かったかな。これは結構、原型をやりなおして、さらに型抜きした後にも手を入れてますから。

箸置きの石膏型を作ってみました。

新盆の来客用に箸置きが欲しいと実家からのオーダーがあったので箸置き量産のため石膏型を作ってみることにしました。デザインは迷ったのですが、後から絵付けや象眼を施すこと考えたシンプルな物と、石膏で何処まで型取り出来るのかなを見るための複雑な物にしてみました。始めは手を抜いて家にあった油粘土で原型を作ろうとしたのですが柔らかすぎて細かな造形が出来なかったので、きちんと陶芸粘土でやり直しをしました。その後、油粘土で枠を作って石膏で型取りをしました。 石膏型からの作品の抜きやすさを考慮してテーパー付けた原型作りをしましたが、複雑な物はやっぱり外れにくかったので、何度か試し抜きをしながら型の修正をしました。 抜いた後で余計な部分のカットが必要な感じになってしまいましたが、一個づつ手作りするより効率は上がりそうです。

飛び鉋の器 第二弾

登り窯には間に合わなかった飛び鉋チャレンジシリーズの別の皿が仕上がって来ました。 トルコ青の化粧土をして飛び鉋を欠けてみたんですが、あまりうまく鉋目が出てません。 厚塗り過ぎか乾燥が悪かったかまだまだ課題が残ります。釉薬は唐津の上に織部をちょっと置いた感じでこっちの発色は面白い感じに出来ました。

飛び鉋の皿をつくる

陶芸教室の春の登り窯で作った飛び鉋の器です。小鹿田焼的なものを作ろうとして肥前赤土の器に飛び鉋を施してみました。 飛び鉋は初めてだったのでまだ当て方の加減がわからず、不ぞろい、変形した感じの鉋目になってしまいましたが、焼き上がりの色合いはいい感じですね。

銀河柚やきもの体験の作品ができ上がってきたよ

シルバーウィークに行ってきた銀河釉のやきもの体験でつくった作品ができ上がってきました。鉢、丼は私がろくろで作った物、皿は奥さんがたたらで作りました。普段遣いのちょうどいいサイズの取り皿がたくさんでき上がってきましたよ。

 

銀河釉のやきもの体験に参加してきました。

毎年恒例の、秋に行われる「銀河釉のやきもの体験」に参加するため、連休に佐賀に行ってきました。今年で3回目の参加です。去年はやきもの体験の後に唐津や呼子にまわってイカを楽しんだりしましたが、今年は連休最終日にマシーネンクリーガーの展示会があるので東京にいないといけなかったので、連休前に有給付けて早めに九州入りして酒蔵巡りをしてから初日に参加してきました。何を作ろうかとかはあんまり考えてなかったので作った作品はその場の雰囲気で粘土をいじっていたらできたよって感じの物です。今年は最初の方の粘土がかなり柔らかかったのでろくろは引きやすかったけどなかなか形が定まらない感じでした。10個位作って最後に写真の四点を選んで焼成してもらうことにしました。(写真の奥の作品は没にしたやつ)去年はすごくきれいに焼き上がって来たので今年も出来が楽しみです。