「Mac」カテゴリーアーカイブ

サーバー再構築

週末に、Webとメールを動かしているサーバVMが飛んでしまい、復旧に苦労したので作業メモを残す。

状況:ホストOSの強制再起動に巻き込まれて仮想マシンの仮想ディスクが損傷。 VMDKとしては修復ツールで異常ないたため、APFSとしての損傷したようだ。 OS起動時に駐車禁止マークが表示されてOSボリュームがないとなった。

やったこと:

1..仮想ディスクを別のmacOSの仮想マシンにに共有させて、そちらのOSからディスクユーティリティでボリューム修復を実施。invalid o_xidとか、invalid map objectとかでて修復出来ないとのこと。ここでディスクの普及はあきらめてOSの再インストールを決意。TImeMachineバックアップは障害直前までとれているので簡単に戻るだろうと思ってた。

2. macOS High SIerraのインストールアプリからVMを構築し直してTImeMachineからの復旧を行う。OSをバックアップから直接復旧はAPSFブートが出来ないのでだめだった。 構築中のデータ移行ステップでTImeCapsuleを選択しても一向にバックアップリストが現れず困惑。仕方がないのでOSインストール後に移行ツールを使ってみる。 こちらもTimeCapsuleは認識するけどバックアップリストでず。 おそらくネットワーク越しがまずいのかといったんバックアップデータを外付けHDDに写してそこから移行してみることにする。

3. AppleのナレッジのTimeMachineデータの移行手順をみてデータの移行を実施。ボリュームの権限設定を間違えたのかコピー中にエラーがでて何回かやり直しをした。 新しいOSに外付けHDDをつないで見たけどバックアップリストの状態は相変わらず。いろいろネットで調べて、HDD上のsparsebundleファイルをマウントすればうまくいくことを発見。やっとデータの移行を実施。

4. データ移行後、サーバ設定を見るとIMAPのデータツリーや、Webのコンテンツが戻って無いことを発見。 これまでサーバ移行時はOS->OSで移行ツール使っていたのでデータ引き継げたのかな。TimeMachineは初めてなんで、これでもかとトラブルね。サーバアプリのデータツリーとかはアプリ起動後に作られるようなんで、なんか移行の順番のせいかなと思いいろいろやってみるけど結局だめ。移行ツールでのサーバアプリのTimeMachineデータ移行は断念。

5. 外付けHDDのTimeMachineバックアップから直接データを取り出すことを考えた。 TimeMachineアプリから他のマシンバックアップからファイルを取り出す機能があったので、その方法でデータの復旧にチャレンジ。こちらもHDDのままではバックアップをきちんと認識しないようなので、sparsebundleファイルをマウントして実行。ドック上のTimeMachineアプリをctrl+クリックして他のTimeMachineバックアップをブラウズを選んで実行。

6. とりあえずメールはごそっと復旧ができた。カレンダーはファイルを戻してから、データDBで管理されることに気がついた。DBデータを戻すのはあきらめて、他のMacにローカルキャッシュされていたデータをエクスポートして登録し直しをした。WebコンテンツはWordPressなんで静的データは戻せたけど、DBはどうしようかと思ったけど、OS状態をよく見たら、自分で構築したmysqlはデータごと移行が出来ていた様でプロセスも既に実行状態になっていた。Webのデータを戻してページアクセスしたら普通に使えた。一番面倒だと思っていたものが、さらっと復旧した。

木曜の朝にクラッシュして日曜の深夜に復旧した。転ばぬ先のバックアップだけど復旧手順もちゃんと練習しておかないとな。

MacBookのキートップを交換したけど

コーヒーをこぼしてしまったMacBook 12inch Retina (Early 2015)のキーの感じが変だったので分解して掃除をしてみました。このMacBookのキーボートはバタフライキーとか言う薄型の物なんで、なんか作りがかなりきゃしゃです。普通のキートップならハメ直しは上から押し込めばよかったので、そのつもりで押し込んだらなんかいやな音が。キートップの構造をよく見ると、はめ込みの受けの形が上下で違ってました。上側はU字型で押し込みでOKでしたが、下側はL字型でした。この構造だとキートップ全体を押し込むのでなく、下側かを引っかけてから上側を押し込まないといけない。そこに気がつかずに無理やり押し込んだので下側の受け部を壊してしまいました。iFixitでキーボードの分解手順見てやったんですが、組立は分解の逆順にやればいいよなっていたんで、そうしたんですけど、はまり増した。 よくよくその記事のコメント欄とか見ると、同じようなワナに落ちた方がいて、注意書きがついてました。 それでもキーの入力はできるのですが、キートップが一部しか固定されていないのでなんか浮いた感じになっていてやな感じ。 修理に出そうかと思いましたがきっとキーボード全交換になるので、コスト削減のためアメリカのキーボードパーツ販売店からからキートップだけ取り寄せて自分で交換しました。こんどはきちんと組立たんですが、なんかキーボードバックライトの光り方が弱い感じがします。純正パーツと勝手に思い込んで単ですが、互換品なのかな? それとも、もともとロット違いとかでキートップの文字のすけ具合がちがうのかな? 写真にうまく写せなかったのですが、肉眼でみると確かに光り方が違う。細かいことですが、気がついちゃうと違和感が消えません。これなら、キートップだけでなく、キーボード丸ごと入手したほうがよかったのかな? あとで見付けたんですが、中古のキーボードとかも売られているんですね。

MacBook Airのバッテリを交換した

遊休MacBook Air ’11 mid 2011のバッテリがいつの間にかダメになっていたので、新しいバッテリに自分で交換してみました。 バッテリは楽天で純正 交換バッテリーを購入。 一緒にドライバがついてくるのでそれで裏カバーを外して交換します。バッテリもコネクタ一個でつながっているだけで、直ぐに触れる場所に入っているので交換は15分もかからずにできました。

キーボード側からだとよくわからなかった元バッテリの膨張は裏カバー外したら一目瞭然ですね。

MacBook Airのバッテリ交換してみよう

バッテリが...
バッテリが…

Macbook ’11 Retina に乗り換えたため遊休になっている、MacBook Air ’11 mid 2011ですが、USB Type-Cでうまく動かない体重計のデータ取得のためにたまに出動するんですが、どうもバッテリが寿命になったようです。ACつながないと起動しないし、バッテリの今すぐ交換警告が出ています。 さらになんか本体ががたがたするのでよく見たら、キーボードが盛り上がっている。こりゃ、バッテリの膨張ですね。完全にバッテリ交換が必要そうです。もともとMacBookの乗り換えしてるんで、買い取りに出そうと思っていたんですが、バッテリがこの状態だと査定も厳しそうです。 現状の買い取り価格をみて、交換バッテリに投資をしたほうが良いかが判断処ですが、Mid 2011もまだ良いねで売れそうなんで、自分でバッテリ交換してみることにしました。 純正パーツを取り寄せてやる予定だけど自分で作業したら査定に影響どれだけあるのかなぁ。

そもそも、体重計のデータ取得の環境ができないとこのMacBook Airもお役ごめんにならないけど、こっちはUSB HUBで対応できるのろうか? Type-Cの変換ケーブルやアダプタはいくつか買ったけどダメだったんだよな。

データとんだ

ブログを運用しているMac OS X Serverのディスクがとんだので、TimeMachineバックアップからシステムごとリストアした。バックアップ自体は障害発生の15分前の物が残っていたので、被害は少ないねということで安心していたけど、なぜかブログだけ一ヶ月分のデータが消えてますね。TimeMachineのバックアップ対象を制限するような設定はしてないので、なぜでしょうって感じ?

ま、アクセス統計みるととんだ記事も数本位なので、あまり考えないことにしようか?

MacBook 12inch retina CTOが届いたよ

IMG_0390

 

CTOでオーダーしていたMacBook 12inchが届きました。MacBook Air 11inich からの乗り換えでまだいろいろしっくりこない感じもあるけどサブ機としてはこんなもんかな。せっかくのゴールデンウィーク中にの到着なんでいじり倒したいけどここのところトラブル対応で毎日出社です。このままずっとで続けそうな危険がありそうで、休む日なさそうだなぁ。

iMac 5KでCDリッピングでいろいろ

孤独のグルメ シーズン4のO.S.Tが届いたので、iTunesにリッピングしようとしました。去年iMac 5Kにメイン機がかわっているのでCDドライブはついていません。MacBook Air用のUSBドライブをつないでの作業です。ドライブつなぐとMacにつなぎますか、VMにつなぎますかのメッセージ 。VMwareでOS X Serverを一緒に動かしているのでこれは良し。Macを選択してドライブを認識させCDを入れたところ、CDを飲み込んでくれない。スロットローディングのドライブだから途中までCDいれれば後は引き込んでくれるはずだけど反応しない。ドライブがおかしいのかなとMacBookAirにつないでみるとちゃんと動く。これはiMacのせい? YosemiteにしてからCDドライブ使ったよなと記憶をたぐり、何か設定のせいかなとsyslogをちぇっく。相変わらずいろんなログがでているけどcddafs.extの読み込み失敗という怪しげなメッセージを発見。DVDは読めるのでドライブのせいじゃなく、こっちかと判断しました。手動でcddafs.ext読み込ませてみたけど何やらパッケージの依存関係が変とエラーがでます。依存するパッケージを順に調べてゆくとどうやら大本のIOStorageFamily.ext読み込み時にKernel cacheが不正になっているようでした。 ここまでわかれば後はキャッシュのクリアかなということで、その方法を調べました。 結局のところ、NVRAMやSMCのリセットしたら復帰したというところ。これでThe Screentonesの演奏が聴けそうです。でもこの状態になったのはなぜかは気になるところ。VMwareをアップデートしたタイミングかなぁ?

サーバー統合その後

Mac Mini Serverで運用していたわが家のサーバー群をVMware FusionでiMac 5K上に統合して一週間経ちましたが様子どうかなというと、サーバのハングが2度ほど発生しています。会社に行っている間にiPhoneでメール受信ができなるので、ハングは何となく出先からわかります。帰宅してチェックすると、ホストOSではTImeMacchineバックアップに失敗メッセージとVMware自身がゲストOS障害発生のため再起動させますよ的なメッセージを出して固まっている状態になっています。2回とも同じ状態なんで何らかの関連性がありそうです。OS自身のログを見るとゲストOS側では特におかしなログはない? TimeMachineバックアップもちゃんとやっているよう。 ホストOS的にはバックアップが疑われるということで、バックアップイメージをディスク修復ツールでチェックすると修復不能な状態ですとかでちゃう。 もしかしておかしなデータブロックをアクセスしに行ってタイムアウトとかしちゃって変な状態になっているのかなぁ? とりあえず、古いバックアップを全削除して初期バックアップからやり直ししてみました。だいたい今まで二日置きくらいのハングだから今は様子見中。

さて、この機会にOSログを見てみたんですが、この問題に直結はしないけどいろいろ変なログが出ているのに気がつきました。 VMwareのコミュニティとか見ると同じような現象が報告されていましたが解決してないみたい。直接問題にはなっていないけど、一分間隔で吐き出されるログはウザイから何とかしたいんですけどねぇ。ゲストOSを諸般の事情からMervericksで動かしているんですけど、Yosemiteにあげたほうがいいのかなぁ?

iMac 5KにMac OS X Serverを統合

あたらしい、iMacの導入を機会にこれまで、Mac Mini serverで運用していた自宅サーバーをiMac上の仮想サーバーとして統合することにしました。Mac Mini ServerもLate 2009なんて5年落ちになっているので、十月のアップルイベントで新型が発表されるならそろそろ交代かなとおもってましたけど、ノーマルMac MiniにOSだけ買ってねな感じだったし、iMacが調子のほうが緊急だったので、Mac Miniは見送ってiMacの買い替えとなりました。 でもせっかくiMac買い替えるのでOS X Serverを仮想サーバー移行しちゃおうとメモリ多めにしときました。 仮想サーバを考えたのはMac Miniの老朽化というよりは電気代対策。うちの電気代ってタイムシフトサーバが複数あったり、ワインや日本酒の冷蔵庫があったりでかなり東京電力に協力状態なんですよね。だからちょっとでも稼働マシン減らしたほうがいいかなというもくろみです。

さて、OS X Serverの移行ですが、始めはYosemiteをクリーンインストールしてデータ移行しようとしたんですが、iMacの時と同じく移行アシスタントがうまく動かなかったり、VMware Fusion 7でのYosemiteのグラフィックがすごく遅いので、もともと運用していたMarvericksのまま移行させました。 こっちもTimeMachineからの移行アシスタントがうまく動かなかったので、バックアップデータをいったん仮想ディスク内にコピーしたうえローカルにマウントした状態で移行アシスタントでのデータ移行をしました。

ここに行き着くまで結構悪戦苦闘がありました。もともとiMacのYosemiteのデータ移行はネットワーク越しにTImeMachineバックアップをマウントしてやったらうまくいったんですが、この手が仮想マシンではうまくいかない。移行アシスタントを起動するとローカルマウントしているバックアップイメージがアンマウントされちゃうようで、移行データのソースとして選択できなんです。

移行アシスタントの動きをみていると、起動中のアプリの停止と一緒に一般ユーザーのログイン状態を解除しちゃうんです。管理者権限付きとはいえバックアップディスクも一般ユーザーのマウントしているのでいっしょにマウント解除されちゃう。

この状態、最初はVMwareのせい?とかいろいろ考えちゃって問題に気がつくのに2日かかりました。これの対処は特定のデバイスを継続的マウントするためのおまじないのhdid コマンドをバックアップディスクに対して実行することでできたんですが、LinuxやSolarisで見かけたことないコマンドなんでMac OSでのマウント操作とかいろいろ調べちゃいました。さらに告白すると、USB-HDDにデータ移してパススルーでVMにマウントしたり、iMac Miniをターゲットディスクモードで共有チャレンジしたりと結構いろいろやってます。(笑)

移行アシスタントがデータを移してくれればあとは簡単で、もともと入っていたサーバアプリ(メールとかカレンダーとか)はささっと動きました。自分で入れてあったMySQLやWordPressは自動起動とかパスワード再設定の対応が必要でした。データ移行まで結構悩みましたが、いまはiMac 5K上にYosetemeとMarvericks Serverがいっしょに動いてます。

スクリーンショット 2014-11-03 7.31.21 のコピー

iMac 5Kセットアップ

Yosemiteにアップグレードしようとして、ダメダメになっちゃったiMac mid 2010 は iMac 5K君にバトンタッチすることになりました。ポチってから毎日、私の荷物は今何処かなとWebをのぞいてたんですが、やっと自宅に到着です。 ヤマトから荷物受けてって思ったのはなんだこの箱。なんか台形になっています。最近のiMacってこんな箱なんですね。早速梱包をといてセットアップ開始です。 前のiMacをYosemiteにアップデートしたときもそうだったんですが、TimeCapsuleからのデータリストアが移行アシスタントからうまくできない。TimeCapsuleを見つけてはいるんだけどバックアップデータをちゃんと認識しなくてずっと待ちになっちゃう。appleのディスカッションボードとかみて、バックアップイメージを直マウントした状態で移行アシスタント実行すれば良いよいみたい。 データ移行後はいくつかアプリの再設定。Officeがライセンスコードを再要求したのでしれ直し。アドビのソフト群はライセンス管理ができませんとかエラー(150:30 Error)になったので修復ツールをアドビのサイトからダウンロードして実行して対応。いまだにCS4とかなんでYosemiteはダメかなと思ったけど起動はできるみたい。写真データが別パーティションにおいてあってTimeMachineの対象にしてあったんですが、iMac 5Kをデフォルトのままの1パーティション構成のままセットアップしちゃったので移行アシスタントさん戻してくれませんでした。結局もとMacからコピーで移動させたのでこれで4,5時間はかかったかな。だいたいデータはなんとかなって、やっと「iMac 5Kの実力とやらを見せてもらおうか」という段階です。

このあとはMac Mini上のMac OS X Serverを仮想マシンで統合しようかと思っているところ。