ギャラリー

メダカ鉢のマシジミ

去年、メダカ鉢の水の濁り対策のために蜆を何度か投入しました。最初はスーパーで買ってきたシジミを使っていたんですが汽水性のシジミとはいえさすがに真水では1,2週間で死んでしまいエビの餌となっていました。でも、確かに濁り改善の効果は高いので、最終的に淡水性のマシジミをペットショップで購入して入れておきました。 スーパーのシジミは底の方に見える状態だったのですが、マシジミはあっという間に砂の中に潜ったらしく、その後どうなったかもわからずじまいで春を迎えました。最近、メダカの動きも活発になってきたのでメダカ鉢を観察していると底の方になにか穴っぽい物が在ることを発見しました。ずっと見ていると時たま砂煙ぽいのが立ち上ってました。これはもしかしてマシジミの水管かなと思いピンセットでつつくといったん閉じて、しばらくするとまた開くという感じで確かにそれっぽい。掘ってみるとやっぱりマシジミさんが隠れてました。ということで、さらに水底を観察すると同じような穴が5ヶ所ほどあり、同様に時たま水を吹き出していました。去年投入したマシジミは五粒なのでみなさんちゃんと冬を越えて元気でいたんですね。

冬の京都 その5 石峰寺

冬の京都旅行、伏見稲荷にいったのは石峰寺から近いねってことでついでに廻った感じなんです。 石峰寺は伊藤若冲の五百羅漢が在るということで訪れました。写真は御遠慮下さいということだったので撮ってません。 住宅地の奥にひっそりと在る神社で本当に僕らだけしか居なかったです。徒歩7,8分の伏見稲荷とくらべるとびっくりする程ひなびてましたね。

冬の京都 その4 伏見稲荷

京都旅行、ここは超有名処ですね。もうびっくりするくらいの人ゴミ。それも外国人多し。 みんな寺撮りじゃなくて自撮りしてる人ばっかでした。千本鳥居は人ごみに疲れたので山頂まで全部見なくてもいいねということで、最初の百メートル位を見てささっと撤収し、ここから徒歩で本来の目的地の石峰寺に移動しました。

冬の京都 その3 梅宮大社

京都旅行、松尾大社から徒歩で移動して梅宮大社にもいってきました。 こちらは「岩合光昭の世界猫歩きで」で紹介されていた猫寺です。旅行先で猫さんと出会うのも楽しみの一つなんで、いっぱい猫がいるとことだったので訪れてみたんですが寒かったせいもあるか4匹くらいしか見かけませんでした。皆さん縮こまっていたあんまり近寄ってきてくれませんでした。

こちらの神社も奉納酒樽がいっぱい在りました。こう見ると酒蔵さんって結構いろんなところに奉納されているって感じですね。

冬の京都 その2 嵯峨野ー嵐山

京都旅行の定番的な処も見てきました。松尾大社に行くことを先に決めたので、近くにある名所も回ろうということで嵯峨野の竹林の道を回って→渡月橋→松尾大社というプランを作りました。

松尾大社とちがってやっぱり有名処は観光客多いですね。そのうえ聞こえてくる言葉は中国語や韓国語などの外国語ばかり。日本人はほんのちょっとしかいませんでした。今回の京都旅行はこんな感じで、どこいっても外国人がいっぱいでした。