お家でお仕事

事例1
会社でやりきれなかった仕事を家に持って帰っても、やったことが殆どない。やらねばと思いつつ、始める踏ん切りがなかなかつかない。やっとの思いでofficeを立ち上げても、自宅のマックだとついつい他の誘惑に負けて作業が中断してしまう。結局、翌日。早めに出社してやっつけるということを繰り返している。
それでも、今日は頑張って一時間ほど手を動かしたが、既に挫折して明日は早めに出社しようと思っていたりする。
事例2
会社からRSAのセキュアカードを支給された。 自宅からVPNで会社のシステムにつないでメールとか見られるようになった。 最初は面白がってよくメール見ていたが、休日に重たい内容のメールが続いたので、なんかメール見たくなくなったりしている。
今日のメールの感じだと、明日も問題山積みだなぁ…. (どんどん会社が遠くなる)

割れていると悔しい

pringles01プリングルスは全銘柄とも基本的に味付けが濃いので、もっぱら「うすしお」味をよく購入する。この前も「うすしお」を購入してきたのでが、家に帰って開けてみてちょっとがっかり。中身の半分くらいが三つか四つに割れていた。この手の成型済みポテトチップスが割れていたら、ぜんぜん意味ないよね。
とりあえず、割れている部分だけでも片してしまえと、一気に口へ。 結局私の口は「うすしお」買ってきても「意味あーりません」な状態に

チョコエッグ 「世界の戦闘機3」

コンビニでチョコエッグ 「世界の戦闘機3」が発売されていることを発見した。
このシリーズの第一弾はコンプリートしたが、第二弾は7割位しか集まっていないのにいつの間にか店頭から無くってしまっていた。 そこに第三弾がリリースされたのだが、今回はどうしようかなって感じ。
第二弾がコンプリートできなかったか理由に、同じ時期に他の食玩(タイムスリップグリコ4)を集めていたので、投資が分散したという事が考えられる。タイムスリップグリコもコンプリートできていないので、やはり投資の集中が必要なんだろう思うが、だんだんとラインアップされる機種がマイナーになっているようなのでいまいち食指が動かない。
チョコエッグを発見した時に一緒に「帰ってきたウルトラマンのボトルキャップ」シリーズが出ていることに気がついた。なんか、今は戦闘機より怪獣かなっ気もする。
ところで、タイムスリップグリコ第4弾の「ウルトラマン「最後の瞬間」」って誰か譲ってくれないかな。
オークションではいっぱい見かけるんだけど、わざわざ競り落とすのもなぁってかんじ。 うちのダブリリストをみて誰か等価交換してくれると良いな。

仮面ライダーに登場するPC

平成ライダーシリーズで劇中に登場するパソコンって今までマックでしたよね。 クウガの桜子さんの研究室、オレジャーナルの編集室(iMacフラワーカラーに、SE/30って通ですね)、村上社長のオフィスとかね。 (アギトではどこに出てたかな)でも、最新シリーズのブレイドでは一斉にPCがWindows系に変わっています。(それも東芝)アンデットの出現もGENIOに連絡ありです。
これって、プロデューサーが変わったことに関係あるんですかねぇ?
ところ、ファイズで村上社長がPCたたき壊すシーンがあったのですが、前週まではマックだったPCがその開だけは安物の自作PCになっていました。 番組中のマックってスタッフの持ち物らしいのでそうなったのかな。
アップルつながりで戦隊シリーズにNewtonが出ていた様な覚えがあるけど、どの作品だったかなぁ?

ミネラルウォーター

普段飲んでいるミネラルウォーターはボルヴィックだ。 いろいろ飲み比べてこの銘柄に落ち着いている。
毎日飲む物でまめに買いに行くのも大変なので、最近はアスクル使ってまとめ買いをしている。
そろそろ買い置きが終わりそうだったので昨日アスクルにオーダーをかけておいた。さすがに名前の通り配達は今朝の9時に行われた。(うちの場合、毎回朝9時に届く)
玄関に置かれた段ボールをみてまずいことに気がついた。 置かれた箱には大きく「Vittel」と書かれていたのだ。 どうやら発注の時に慌てていたか、酔っていたかのどちらかで銘柄を間違えてしまった様だ。
今更、オーダーキャンセルもできないので、今回は「Vittel」で我慢することにした。しかし、こんな間違いをしてしまった時に限って2箱(2ダース)も発注しちゃったんですよね。;_;
一日1本づつ飲んで次のオーダーは1月後かなぁ。 36リットルも飲めば好み変わっちゃうかも…
ま、Vittelは硬度高いことだし、最近仕事いらついたりしているからそれはそれで良かったかも。
参考:
ミネラルウォーターの基礎知識 → Water Index

NewtonでBluetooth

40hz.orgの配付しているBluetooth用のドライバ bluntを試してみた。
Bluntで使用可能なBluetoothアダプタは限られるので、今回は国内で入手できたAmbicomのAir2NetÆ Bluetooth PC/CFカードで試してみた。
ちなみに、Bluntで推奨するBluetoothカードの仕様は、PCMCIA Type II card (no CardBus card), UART interface, HCI protocol support. This should cover those cards which are supported via a UART driver under Linux or BSD. だそうだ。LinuxのBluetoothドライバの対応カードで btuart_cs, hci_uart, bt950_csが使える奴らしい。
さて、結果の方だが、カードは認識する、テストコマンドも正常終了する。 ただし、他のBluetoothデバイスを探しに行くとシステムエラーという状況だ。私のMP2100環境がまだいい加減なせいかもしれないが、今一歩と言うところだ。
Bluetoothで通信できるよな携帯電話とかは所有していないのでとりあえずの目標はマック、ウィンドウズとの接続だな。

新品マックG5をウィンドウズマシンに改造

Yahooニュースに出ていたPowerMac G5のドンガラにWindows PCを突っ込んだって言う記事。
世界中のマックユーザーから痛烈なメールを多量にそのマシンの製作者はもらったそうですね。
最近のマックユーザー(iMac以降)はそんなにマックに固執しないと思えるから、Macintoshの時代からのユーザーが過剰に反応したんですかね。
マックユーザーってもっと寛大だと思っていたのだけど意外ですね。ちなみに、わたしも古い方のユーザーだけど、この改造嫌いじゃないですよ。こんなのに目くじら立てていたら、こっちの改造はどう見えるんでしょうね。
→G3ビアサーバ

いいぬまてつやが気になるものを、興味のおももくままに綴ります。