エントリグレードいいね

エントリグレードのストライクガンダムが届いたのですが、まずは積みプラ消費ということでエントリグレードのガンダムを作ってみました。 パーツの配置や構造に工夫がされていて作りやすいとは聞いていましたが、確かにその通りでした。 タッチゲートなのでゲート処理も楽々って感じで、40分くらいでさくっとパチ組できて、それでいて、可動も良く、見栄えがする。 これはさっさとストライクガンダムも作らねばということでさくっとパチ組。

こっちも良い感じですね。 塗装とかすればもっと見栄えかするとは思いますが、どうしようかな。墨入れ、部分塗装で簡単フィニッシュにするかな。

おたまスタンドを作る

陶芸で何度かチャレンジしているおたまスタンド。 構造は簡単なのですが、粘土の収縮で思ったようなサイズに出来ず、いまいち微妙なフィット感の物になっていました。 そんなとき、TVでセリアのおたまスタンドが良いよみたいなことをやっていたので、ちょっとチェックしに行ってきました。実物をみてみて、プラ製品のおたまスタンドなら、3Dプリンタでも作れるんじゃね? PLAなら粘土よりサイズコントールがしやすいから手持ちのおたまにフィットするのが作れるよねということで、自作して見ました。

デザインはいたってシンプルにして、設計15分、プリント1時間で完了。フィラメント 70g使ったから材料費200円弱、光熱費もあるので100均と比べたコスパをどう考えるかだ。

干支の置物 二匹目の寅

年を越してしまいましたが、新年一回目の陶芸教室で寅の置物の二匹目が仕上がってきました。最初の作品の反省を取り入れながら寅ぽくと、動きの表現を意識して作陶しました。 最初の寅は半磁器粘土に黄瀬戸釉薬と下絵付けで色や模様をを表現したので、ちょっと薄い色に仕上がってきましたが、今回は化粧土で色と模様を表現しています。

まぁ、寅に見えますよね。

2021年 飲んだ日本酒

2021年 飲んだ日本酒総括。 2021年はいろいろあって外呑みゼロで家呑みばかりでした。近場の酒屋で仕入れる事が多いのでレギュラー酒はもっとリピートしてたかも。

2021年の年明けはいずみ橋、蓬莱泉で始まっている感じでしたが、2022年も同じ顔ぶれが冷蔵庫にいますね。 去年は水尾を呑むことが多くなった感じです。 近場に水尾の品揃えの豊富な酒屋を見付けたり、クラウドファンディングでチャレンジ酒を買ったりしたからかな。いずみ橋もスタディセットという呑み比べセットをいろいろ買ったので結構呑みました。

後、これまた近場のクイーンズ伊勢丹 の酒コーナーで、あまり東京では見かけない天山とか桃の滴とかの天山酒蔵や松本酒造の地元酒が置かれているのも見付けたので、お酒買う場所も増えたのも家呑みが充実した理由かな。

干支の置物 酔っ払い寅

毎年恒例の干支の置物作成。今年は奥さんリクエストので酔っぱらってオオトラになった寅。 一升瓶を抱えて眠りこけてている寅です。ぱっと見猫っぽいけど寅です。 もう一つ作ったんですが、焼成が間に合わず、一個だけ年内完成。陶芸教室では他にも干支のオブジェを作っている人が何人かいたようですが、どうも猫っぽくなってしまって皆さん苦労していた様です。最後は模様と色とで何とか 寅に見えればという感じでしたけど、寅にみえますよね。でも顔の正面からみれば猫なんだよな。寅難しいです。

2021年に食べたラーメン

2021年に食べたラーメン、呑みに行くことはほぼなく,外食は近場のラーメン屋さんくらい。 コンビニ、ubereatsのラーメンもいろいろ試したので、杯数は増えているね。今年後半はG系が多めですが、そろそろ年齢的にマシコールは出来ない感じですね。

Keychron K2を静音化したよ

キーボード購入時にいろいろ調べたときに、キーボード静音化の記事をいくつか見付けたので自分でもチャレンジしてみました。 最初にロープロファイルのKeychron K3を購入して、ノーマルタイプも試したくなりK2を購入したのですが、同じ茶軸でもオプティカルタイプと普通のメカニカルスイッチだとやっぱり打鍵音や打鍵感の違いがあり、K2の打鍵音がちょっとだけ気になってました。

そこで、静音化の記事を参考にして、フレーム内にスポンジを入れて打鍵時の反響を減衰、キーキャップに静音リングをはめて、ストロークと打鍵音の改善をしてみました。

表現は難しいですが、かちかち音がマイルドになって、若干タッチがカタカタからスコスコって感じで、改善効果はありそうです。

Keychron K2を買ったよ

テレワーク用につい先日Keycron K3を導入したばかりですが、ノーマルプロファイルのタイプのキーボードも試して見たくなり、Keychron K3の茶軸を買ってしまいました。 今回はいいタイミングでシッピングされたのか、注文から4日ほどで届きました。 K3は7日で到着でした。

K3がオプティカルタイプのキースイッチだったのでK2もオプティカルにするか悩みましたが、通常のメカニカルスイッチバージョンです。 両方ともまだ使い込みが足りないので慣れかと思いますが、いままで、WindowsマシンはHHKB Lite,マックはmagicKeybordを使っていた事もあり、最初Windows にロープロファイル版のK3をつないで使っていたんですが、Windows向かうと、どうも頭のモードが切り替わるらしく、ロープロファイルなのにHHKBのつもりで指が動くのでタイプミスが多かった感じです。 K2に変えてみてそこら辺は低減されれるかもです。

さて、立て続けにキーボードを買ってみて、何か沼に引き込まれている感じもするのですが、キースイッチの次に気になるのが、キートップの感触になってきています。 塗装の感じとかキーのエッジの仕上げとかいろいろ考えるところがありそうです。 ま、慣れの部分もあるとは思いますが、新しいキーボードの使い始めはいろいろと違和感はある物です。

ところで、自宅に今はつなぐ先がなくなってしまっているNextのADBキーボードが2台あるんですが、これってどうしようかな。ADB2USBのアダプタとか今更だけど探してきて、また使ってみようかな。

いいぬまてつやが気になるものを、興味のおももくままに綴ります。