シェーバー買い替えした

10年くらい使った電動シェーバーを買い替えました。 ブラウンのシリーズ7の自動洗浄器付きバージョンです。 最近洗浄器に挿しても、汚れ度チェックがうまく動かなくなっていました。どうもチェックのリトライが動き続けている感じでしばらくほっとかないと洗浄の要否チェックが出来ないようで、朝使ったタイミングでは洗浄するかの判断が出来ないので、夜に状況見て洗浄を開始する感じでした。 ま、これくらいは特に困らないのですが、トリマー刃の開閉がうまくいかなくなったので、分解メンテして、再組立の時誤ってトリマー刃のヒンジを壊してしまい、とどめを刺した状態になってしまいました。

で、どうしようかと調べたところトリマー刃の交換パーツを発見、eBayで送料込みで5000円ほど。 これを入手するか考えたのですが、もう10年も使ったので買い替えも選択肢かなと思い、新品も調べて見ました。 ブラウンのシリーズ7は最近何年かぶりのフルモデルチェンジをしたことは知っていたので、最新版にするかなと思いスペックを確認すると、最新の360度密着ヘッドってやつはトリマーが付いていないことが判明。 ヘッド交換でトリマーが使えるバージョンもあるようですが、選択肢からは外れる感じ。 ブラウンのホームページで調べると、一世代前のものもまだ販売中のようだったので、価格.comで値段をチェックすると、2万弱で買える感じ。これならと言うことで1世代前のシリーズ7を購入しました。 旧バージョン買うならシリーズ9も予算内かなと思いましたが、型落ちでもまだ価格帯は高目。 替刃が五枚刃になるので消耗品の価格も上がってしまうようで、「俺のヒゲはシリーズ9が必要か」と考えてやっぱり2018年版のシリーズ7が妥当と言うことになりました。

今回はマットシルバーを購入。 見た目は全然変わらないのですが使ってみるとすごく静かな感じ。これまで使っていたものは結構うるさかったので、改善されているのか,それとも経年劣化していたのかもしれません。まだ使えると思っていたんですが、やっぱり交換時期だったのかもしれませんね。

ちなみにトリマー刃の不具合はよくあるようで、修理方法しらべたら結構情報が見つかりました。動画の解説みながら修理したのですが、トリマー取り付け時に力入れすぎてヒンジを破壊しちゃったんですよね。

ところで、シリーズ9の特徴に32ビットテクノロジーとかあるけど、これって何。 AIで剃り心地コントロール出来るけど、チップセットのことかなぁ。

2020年に飲んだ日本酒

2020年に飲んだ日本酒で写真が残っていた物をまとめてみました。コロナのせいで外呑みがへったので、だいたい自宅でとった写真になってますね。それでも100本近くは呑んでるんだ。(笑)ちなみに、わが家の日本酒冷蔵庫は正月酒で一杯です。

3Dプリンタで落款をつくる

先日購入した3Dプリンタで遊んでいます。 フリーデータの出力をいろいろ試してながら、3DCADの使い方も練習中です。 まだ押し出しと面取り位しか使ってないのですが、陶芸用の落款ぽい物を作ってみました。ハンコとしての作り込みは全然してなく、単にフォントを立体化しただけですが、それなりには使えるのかも。

正月休みはこれで遊べ

自分へのクリスマスプレゼントかな。 今年はお正月の帰省をみおくったので、旅費を投入した形になるかもしれないけど、とうとう3Dプリンタを導入しました。 プラモのパーツ作りに使いたいなと思いつつ,光造形プリンタも検討範囲にはしていたんですが、自分が作るのは実用品の方が多いかなと言うことでFDMタイプのものを選択。 安い物でお試ししようと思っていたんですが、素材がいろいろ選択可能な物ということで、QIDIのX-Makerという製品を選びました。

まだ、簡単な物やフリーのデータをつかって試している処ですが、立体物が作れるってすごく楽しい。はやく、3DCADに慣れて、自在にモノづくりを楽しみたいです。

カッティングマット替えてみた

プラモ作り作業用のデスクに敷いてあるカッティングマットがかなり汚くなってきたので、新品に交換しました。 交換前はA2とA3サイズのマットを2枚を並べていたので段差や隙間が若干気になっていたのですが、今回はA1サイズでデスク全面を覆うようにしました。マットは両面使える物なのでこれで10年は戦えるかな。

秋の作付け

秋植えのベランダガーデニングの新規参入者達。 去年思いの外旨くできた空豆を再投入。 結構つかえる九条ネギ。 果樹系やってみたいなとおもい初挑戦のスダチ、イチジク,カボスです。

Mac OS Big Surにアップデートしたよ

MacOS Big Surですがリリース当日にメイン機をアップデートしてみました。 サブ機ではβ版をいれて様子をみていたのでそんなに影響ないだろうとおもっていたのと、Catalinaでメイン機が頻繁にWatchdog timeoutでパニックが続いており、これが解消できたらということですかさず入れてみたわけです。 Catalinaのwatchdog timeoutは以前からいろいろ報告されているようで、マイナーアップデートで直ったとかの話も見かけましたが、うちでは全然効果なく、2,3日一回くらいの頻度で起きてました。 家のマシンでは仮想環境でメールサーバ等を動かしているため、パニックにまきこまれてしばしば、仮想ディスクが壊れる事例が発生しており、その度にスナップショットから戻す事をしてました。 これが結構起きていたので何とか改善したかったと言うわけです。アップデート後はいまのところはパニックは起きなくなっているので効果はあったかなと思っています。 不具合的な物はMacfeeのファイヤーウォールがまだ未対応で動かないことくらいですかね。

それと、TimeMachineボリュームをAPFSに変更しました。 Big SurからTimeMachineでAPFSで使えるとの事だったので、TimeMachineに使っているディスクをコンバートしてみたのですが、コンバート後にもともとあったバックアップデータを認識してくれませんでした。 仕方がないので過去バックアップはあきらめて初期化、再バックアップしています。 コンバートに丸1日かかったのになんでやという感じですが、初期化後のバックアップフォルダーを見てみたら、前とは違うツリーになっているようで認識しなかったのはこれのせいかなと思ってます。 ちなみに、HFS+でバックアップしていたときとくらべバックアップの世代が増えても、ディスクの消費が少ない感じです。APFSのローカルスナップショット機能のおかげなんでしょうかね?

無線ルーターを替えてみる

自宅の無線ルーターですが、つながっている無線機器が増えたせいか新規のデバイスの接続がうまくいかないケースが目に付く様になりました。 家の無線ルーターはAppleのAirMac Time Capsule ですでに7年近くの稼働になっています。ルーター機能以外にTime Machineバックアップにも使っていたんですが、最近はバックアップが入りきらなくなったので、マックに直付けのUSB HDDにバックアップする様にしたため、もうルーターを替えてもいいかなと判断したわけです。

今回、いろいろ研究してバッファローのWSR-5400AX6というルーターを買ったので、さっそく、AirMac Time Capsuleと性能比較をしてみました。 もともとたくさんの機器をつなげるようにするのが目的だったのですが、たくさんつなくためにはルーターにそれなりのCPU性能が必要なようで、通信性能も合わせて上がるので、どれ位の性能がアップするのか興味津々でした。

結果はかなりの速度アップですね。単位はMbits/s です。 5Ghzでは4倍、2.4Ghzだと6倍くらいの性能アップです。 ルーターにビームフォーミングとか機能があるようで、これまで家の中の場所によって周波数によっては速度が出ない処もあったのですが、それほど性能差が気にならないようになりました。 有線接続の性能が若干落ちましたが、これくらいなら許容範囲ですかね。 これまでは性能必要な機器は有線でつないでましたが、無線でも問題なさそうな感じです。

いいぬまてつやが気になるものを、興味のおももくままに綴ります。