Figure-rise Standard ULTRAMAN [B TYPE] -ACTION-

COVID-19の影響で家にいる時間が増えました。 会社も長期休業や在宅勤務などで通勤時間が減ったことも有り,しばらく積みプラ崩しをしてましたが、そろそろ新規購入品に手を付けてます。

ガンプラやマシーネンクリーガーを作っていることが多かったので前から気になっていた、Figure-rize Standard シリーズのULTRAMANを買って見ました。 いつも行くプラモ屋にはこのULTRAMANのシリーズがいっぱい積まれていて、いつもどうしようかなと思いつつも他のアイテムを優先してました。 で、このULTRAMAN 、ACTIONと付くことからも分かるように動き重視のモデルです。同じシリーズで前に出ていたものをアップデートしたとのことなんですが、値段が随分安くなっていて、何が変わったのか気になり買って見たと言う訳です。

組み立て図とかネットの情報見た感じだと、前のモデルはLED発光ユニットが付いていてカラータイマーや目が光った様です。 ACTIONモデルになって、胴体の分割が変わって関節が増えたので発光ユニットはオミットされたようですね。 前モデルの胴体が余りパーツとしてついているので、ユニット手に入れれば旧モデルとしても組たてられるかもしれません。

で、組んだ感想ですがかなり気に入りました。 ほぼ素組で、シールで色を表現する部分だけ筆塗りでちょい塗装して墨入れ下だけですが,結構見栄えます。 スタンドなくても直立なら十分自立しますね。

組立もRGほど細かいパーツもなくさくっと2時間くらいかな。 すっかりこのシリーズ気に入ってしまい、既にZEROスーツが積みプラの仲間入りしてます。 後出ているのはSEVEN、ACE、TIGA、EVIL TIGAですね、こいつらもなんか並べたい気分です。プレバン限定もあるようだし危険な感じです。

MacBook Air 13inch 2020届いたよ

五月の連休にお亡くなりになられたMacBook Late 2015の後継としてMacBook Air 13inch 2020を買いました。1ヶ月の納期を越えてやっと到着です。 もともとそろそろ出ると言われているARM版のMacBookが出たら買い替えかなと思っていたんですが、それを待たずしてという感じで、最新のMacBook Airを購入することになりました。

五年を越えての乗換えなんで、かなり快適になりましたよ。性能ももちろんですが、キーボードの違いが結構きますね。 キートップのピッチが違う感じでまだなれていないけど、タイプ感はかなり良い感じです。

MacBookと一緒に新しくなったのがスリーブケースです。もちろん今回も国立商店さんの革製スリーブケースです。 MacBook Airを発注したときはラインアップすべて品切れだったんですが、在庫できたら連絡くれるようにお願いしておいたら、先週末の深夜に連絡があり速攻注文しました。 なんか深夜だったのにオンラインショップが結構重かったので、狙っていた人がたくさんいたのかな? 在庫有りだったので物は翌日に届きました。MacBook Airの到着がその翌日だというぐっとタイミングでした。 ちなみに今回はブラウンヌメのカラーを選びました。 ちょっとまえに国立商店さん方、ブリティッシュグリーンのノートカバーを購入していたので、そろえようかなとも思いましたが、買ったことないカラーもおもしろそうだったので、ブラウンにしました。

TimeMachine バックアップがとんだ

自宅のiMacのバックアップが外付けのUSB HDDにTimeMachineで取られている。 iMac本体のデータとiMac上でVMware Fusionで動かしている仮想MacOS Serverのスナップショットがバックアップされているわけだが、2,3日前からバックアップディスクの容量が足りないとエラーメッセージがでてバックアップがとれていなかった。 バックアップディスクは4TBあるんだけど、あと400GBよこせ見たい感じでかなりきつきつのよう。

バックアップディスクは8TBのHDDにパーティションを4TBづつ切って使っていたのでパーティションサイズをかえればしのげるかなと思った訳だが、足せる未使用領域がないので、いったんバックアップ側じゃないパーティションのデータを移動させてからパーティションを消去、空きを作ってサイズ変更という手順を実行することにした。

まずはデータの引っ越しするために、手持ちにデータ移せるHDDはあったかなと、使ってない外付けHDDをつないで状況見ようとしたときに事故は起きたんだ。 確認のためにHDDを付けたり外したりしているときに、同じテーブルタップに刺さっていたバックアップ用のHDDの電源が誤って抜けたみたいで、予期せぬHDDの切り離しが起きてしまったということ。

まずいなと思い、バックアップHDDを接続し直したら、嫌なメッセージが出ているわけ。「バックアップディスクは修復出来ません。」 あーあと思い、ディスクユーティリティ掛けてみたけどやっぱりダメ。 結局バックアップパーティションを初期化して、バックアップも初期コピーからやり直しすることにした。 累積のバックアップデータが初期化されるから少しは容量減るかなと思ったけど、初期コピーが3.2TBとのこと。あまり減ってない感じですね。 一晩たったけど進捗は400GBなんで、いつ終わるんだろうという感じ。

これを機会にThunderbolt接続のHDDも考えたけど、コスト感がなぁ。

2台目のNature Remoを設定する

自宅のリビングには既にGoogle Home Mini + Nature Remo Miniのセットで家電をコントロールする環境が出来ています。 他の部屋も同じように音声コントロールの環境を用意したいなぁと思っていたところ、Google Home Miniがお手軽価格で入手できたので、寝室に二台目のNature Remo Miniを導入してみましたが、一寸設定に苦労したのでメモを残して置きましす。

Nature Remo Miniはクラウドサービスと連携して、家電のコントロールが出来るスマートリモコンです。 このリモコンとGoogle Home Miniを連携させることにより、音声で家電のコントロールが出来る分けですね。 Google Home MiniとNature Remo との連携の仕方にはいくつかパターンがあって、Direct Actions というモードだと、テレビとか照明とかの特定のGoogle Home Mini の認識している特定のキーワードで直接リモコン操作するパターンと、Google Home Mini からNature Remo Miniを呼び出して、そこから登録されている家電をさらに呼び出して操作するConversation Actionsと言うモードがあります。 音声の呼び出しの複雑さと、出来ることの範囲が違うわけです。

ふだんは簡単に呼び出せるDirect Actionsで使いたい訳ですが、二台目のNature Remo Miniを設定したときにはまりました。 照明とかエアコンとかは各部屋にある訳なので、リビングのGoogle Home に話しかけたら、リビングのNature Remoと連携してリビングの照明を操作したいですよね。 Google Homeにも、Nature Remo にも設定時のどの部屋にあるかの設定があるので、この設定だけしてあれば素直に、覆った通りに動きそうなんですが、そこがうまくいかなかった。寝室で照明の操作をすると、全部の部屋の照明が一斉に消えたりとかするわけです。

スマホからNature Remoを操作すると設定した部屋の家電が動作するので、原因はGoogle Homeとの連携の仕方かなぁと当たりをつけて調べてみたところ、問題は場所の設定だけでなく、家電の名前の付け方のせいでした。 1台目のセットアップをしたときに、Google Homeからの呼び出しは家電に付けた名前で呼び出されると認識してたので、たとえばリビングの照明を「電気」、寝室の照明を「ライト」な感じで登録したら、どうもNatureRemoはGoogle Homeには照明を」「スマートライト」として見せていて、Google Homeは「電気」、「照明」,「ライト」と呼びわけても、連携している「スマートライト」をすべてそうさしているようでした。

じゃぁ、設置場所の設定は何に聞いているかと言うことですよね。結局,調べて分かったことは、設置場所はGooge Home、Nature Remo のそれぞれ固有の設定ぽく、この設定場所を家電の名前にあるということ。 つまり、寝室の照明は寝室の場所設定だけでなく、「寝室照明」という名前で登録が必要ということ。 この場所の名前がGoogle Home 、Nater Remoで同じであることが設置場所を使いわけるキーになるというわけなんですね。 Nature RemoのFAQ見ても書いてないし、Amazonのレビューとかみると2台目は複数の同じ種類の家電を区別できないとかったのでダメかと思ったけど何とかなりました。メニュー外の設定がこう動くとは結構ワナですね。

MacBook Air 2020納品待ちです

起動中に逝くようになったMacBookですが、いろいろリカバリ策を講じましたが、やはり復活せず。 SSDとかの障害なら外付けデバイスから起動できるよねと、起動用のUSBメモリを作って試したけど、起動中に再起動が走り、その後電源断の状況は改善されない。やはり何らかのデバイスの初期化中にエラーが出ているようでHW的な問題かな。

ということで、5年使ったMacBookはここで引退と言うことにして、MacBook Air 2020を発注しました。 納期はおよそ1ヶ月。AppleStoreにオーダーですが、世の中の状況繁栄してか長めですね。

とりあえず、後継機の発注はしたけどしばらくMacBookがつかえないのも一寸つらいということで、今のリビング機はiPad Proにキーボード、マウスと付けた状態で使ってます。 かなり昔にiPad用にBluetoothキーボードを買ったことがあるんですが、当時はまだ使い勝手が悪くて直ぐ使用をやめてました。 現在はiPad OSという感じでOS側で積極的にHWキーボードやマウスのサポートがすんでいることもあり、今一度試してみようかなとなったわけです。

以前は、iOS用の3rd pirtyキーボードを試したんですが使えねえなと思っていたですが。今回、Mac用のワイヤレスキーボードが余っていたので、それをつないだところ結構使える感じ。一緒に余っていたMagicMouseをつないだんですが、こっちはマウスの世代が古くてiPadOSではスクロール操作対応してなかったため、LogCoolのマウスとの組み合わせになっています。

という感じで、環境作ってみたんですが。メイン機のデスクトップでは、トラックパッドやトラックボール派なんで、iPad環境もなんかトラックパッド付きのキーボードが欲しい感じなってきています。MacBook Air届くまでのつなぎなのに投資を考えるやばい状況ですね。 iPad Proも最新にすればiPad専用の純正トラックパッド付きキーボードが使えるんですよねぇ…..

そういえば、キーボードつながりで、自宅に押し入れを確認したらキーボードが9個ほど発掘されました。最近テレワーク用にHHKキーボード買ったんですが、同じ物が押し入れの奥に隠れて居ましたよ。そいつを目的に探したときには見つからなかったのに、違う物探したときにふと発見される、あるあるパターンです。

MacBook Early 2015逝った

MacBook AirやMacBook Pro 13inchの2020モデルがリリースされましたよね。 レビュー記事がいろいろ出てきてチェックをしていたところです。 家のMacBook君 2015モデルなんですが、そんなご主人様の行動にすねてしまったのか起動できなくなってしまいました。

メールやウェブチェックするくらいのセカンド機何ですが、先週YouTubeを見ていたら突然フリーズしました。 そこで強制再起動をしたら、いったんOSが立ち上がり、アプリの起動を始めると写真のように画面が乱れて勝手に再起動を繰り返す様になってしまいました。

この手の画面ってHW障害ぽい感じ何ですが、一応一通りの確認はしてみました、SMCのリセット、VNRAMクリア、復元モード起動、セーフモード起動、OSの再インストール等。 最初のうちはOS起動は出来ていたんですが、だんだん症状がひどくなってしまいました。復元モードでも、セーフモードでも勝手に再起動。 OSの再インストール中も途中で再起動してしまい。いまはアップルマークが出ている途中でこの有り様です。

修理って手もありますが、もう保証も切れているし、MacBook Airの新モデルが出たので下取りして買い替えを検討し始めたところだったので買い替えですかね。家のマックって買い替え検討し始めるタイミングで壊れる事多いのはマックあるある。

ベランダの植物の整理をしたよ

例年ならゴールデンウィークの前後にいろいろと苗を買ってきてリフレッシュするベランダの植物達ですが、今年は外出自粛もありどうしようかなと思ってました。いつも苗を買いに行くホームセンターも入場規制がかかるような状況らしく、一瞬だけ買い出しってのも躊躇しますよね。

で、とりあえず整理だけはしようかと花咲かせっぱなしにしてあったカリフラワーやブロッコリなどの花を片して、プランターの土のリフレッシュをしました。 ふるいで土をふるったところこれまで植わっていた植物の根の残骸がバケツいっぱい位とれました。プランターが綺麗になるとやっぱり何か植えたくなりますよね。 とりあえず、去年植えたパクチーからとった種や、使い残りの古いレタスの種を蒔いたり、こぼれ種から芽が出てきた大葉を植えたりしてみましたが、なんかもの足りない。

結局、激込みホームセンターには行きませんでしたが、食料買い出しのついでにいきつけスーパー隣の小っちゃめホームセンターでトマトとパプリカの苗だけ仕入れてきました。ここは苗の品揃えがあまりぱっとしないので混雑は全然してない感じ。 あとは葉野菜とハーブ苗が欲しかったのですが見当たらず。こっちは混んでるホームセンターに行かないとない感じだったので通販で手配して連休明けに到着という感じです。

MG RGZ-95 ReZEL

ゴールデンウィーク中の積みプラ消費作業。 今回組んだのはMG RGZ-95 REZELです。 箱のでかい物から片そうと思ってReZELを選択してみました。 Amazonの購入履歴を検索してみたところ、2010年の購入でした。結構,積みプラの山に埋まっていたんですね。 そのせいかもしれませんが、一部ランナーがたわんでしました。(笑)

ターンエーガンダムに続いてのMGですが、作ってみて、こんなに大きかったっけMGって?という感じです。 変形時の機首を背負っているせいかもしれませんが、全高30cmもありますよ。

このリゼルはHGUCの規格の物を作ってかっこよかったので、MG買ったという経緯だったと思いますが、10年寝かせてたんですね。(ソなに昔な気がしないのは年取ったせい?

ちなみに、HGUC版は差し替えで変形何ですが、MGは完全変形ですが、完成後一回変形させてみましたが、結構面倒だったので、もうやらなかいかも。

RG エヴァンゲリヲン初号機

外出自粛のゴールデンウィークは積みプラやっつけるぞと思いながら、一日集中すると目と気力が持たなくなって、それほどたくさんの仕事は出来ない様です。 もっぱらNetflixで攻殻機動隊とオルタードカーボンを見て過ごすという状態。

といっても、手を動かし始めれば黙々と進めるので、GWの二作品目はRGのエヴァ初号機となりました。 さすがに可動が凄いのですが、股関節がと二の腕の軸が緩い感じ、ポーズつけて居るうちにスポッと外れます。 そのうえ、この背の高さなので、直立はきっちり立ちますが、一寸重心ずれたポーズは、アルミ線?入りのアンビリカブルケーブルで支えないとさすがに不安定ですね。 一寸前につくったRGのクロスボーンガンダムX1と比べても身長1.5倍ですから。

久しぶりのマスターグレードガンプラ

COVID19対策で会社が夏休みを前倒しして今週からGW明けまで休業になりました。 といっても仕事の都合上完全に休みには出来ないので、緊急連絡の待機当番とかあり会社の事も少しは気にしながらの自宅警備です。

とわいえ、結構時間が出来ているので積みプラの山崩しをしようかなとプラモ作りを進めてます。 在庫はいろいろあるので何からと考えましたが、最近お亡くなりになったシド・ミードデザインのターンエーガンダムを作ることにしてました。 去年、シドミード展で原画をみてから一寸作ってみたいなとおもって仕入れておいたMGのターンエーです。 最近はもっぱら、箱の置き場に困るんで1/144のHGを作ることが多かったんですが、久しぶりに1/100のMGです。作業的にはパーツも大きく、老眼には優しいですねよね。

できあがりは、最近のガンダムみたいにでっかい羽とか背負ってなく、シンプルなデザイン。 でも、これでポーズを付ける手足のラインの美しいこと。 どの角度からみてピシッと決まります。

パチ組で6時間くらいですか。 しばらく眺めて、墨入れクリアふきくらいまではやりますか。 時間はたっぷりあるので次は何をやろうかな。

いいぬまてつやが気になるものを、興味のおももくままに綴ります。