HGUC リックディアスを作る

最近はパチ組みが多かったんですが、今回はまじめに塗装までしようかなということで、HGUC リックディアスを作ってます。

リックディアスと言えば、遥昔、共通一次という試験があった頃試験前日に1/100 のリックディアスを作っていた記憶がありますので、プラモとしては30年以上ぶり? の作業ですねぇ(笑)

という感じで思い入れがある機体なんで、いつかまた作ろうとMGを探しているんですが、プレミアム価格にみんななっている様で入手が難しくHGUCで我慢な感じ。 ちなみにこいつも、なかかな見付けれなくて、やっと手に入れたと思ったら、改修版がプレバンで予約開始となって感じでした。 もちろんそっちも既に購入済みで、積みプラの山の一員となってます。

何処まで手を入れるかは根性次第ですが、プレバンで出ている改修版のHGUCモデルに近づける感じでがんばろうかな?

うちの守り神

無計画に植えた朝顔の蔓の行き先がないなと、朝顔を眺めていたら、つるの巻き付いてポールのてっぺん当たりにヤモリいるに気がつきました。 ベランダに睡蓮鉢やプランターを置くようになってから、時たま見かけているんです写真に撮ったのははじめて。 プランターの下とかに隠れているのかと思ってたんですが、ベランダ軒の下側とかに張り付いているなんて想定外です。 同じ個体がうちのベランダにずっといるのかな? それとも壁伝いに隣の部屋とかにも出入りしているのでしょうか?

酢橘の実が膨らんできました。

今年のベランダガーデニングでは、果樹を育てています。 酢橘、カボス、イチジクが今育ってます。 物自体は去年の秋ごろに仕入れてあって、春先から新芽がでて新しい枝が伸びているという感じです。 一年生の苗を買ったので実がつくのはまだ先かなと思っていたんですが、酢橘の実が三つほど膨らんできています。

ある日、たまたまリビングからベランダの酢橘やカボスの周りをアゲハチョウが飛び回っているの見かけたので、苗をチェックしたら案の定、卵が複数産み付けられているのを見付けました。かわいそうですが、まだ、うちではアゲハの幼虫に提供するほどに果樹の勢いがないので、卵達は退場いただきました。 ちなみに卵は新芽とか和解柔らかい葉を選んで産み付けられている感じでした。 その後は毎日、まめに葉っぱのチェックをするようになりました。 とりあえずいまのところは異常なしです。

夏輝,お取り寄せ

外食もしにくい時勢でお店でいただく機会もなさそうなので、シーズン終わらないうちにと岩牡蛎をお取り寄せしました。 鳥取産の天然岩牡蛎 夏輝です。 届いて直ぐに開けていただいちゃったんで、塩味が強かったです。次回は塩抜きして見ようかと思います。 ま、レモンと日本酒があれば問題ないですけどね。

今回、何種類かの日本酒と合わせましたが、真澄のすずみざけが良い感じでした。

AFTERSHOKZ OpenComm を導入

在宅勤務の環境改善のための投資です。 すっかりリモートワークが主体になりましたね。 わたしの会社も出社率を全社で50%以下にしろとかで、週1,2日の出社ペースで過ごしてます。 会議もリモートなんで、移動時間とか気にしなくて楽にはなったんですが、そのかわり、連続で会議を入れられる事が多くなり、ヘッドセット付けっぱなしの状態がけっこう続く感じです。 これまで会議ではマイク性能が良いゼンハイザーのヘッドセットを使っていましたが、さすがに夏も近づきオーバーヘッドヘッドホンは耳に負担がかかってきてました。そのうえ最近ちょっと外耳炎ぽくなっており、輪をかけてヘッドセットがつらい感じでした。

そこで、前から気になっていたAfterShokzの骨伝導のヘッドセットを思い切って購入してみました。Amazonプライムデーとかで安くなったらと思っていたんですが、他にも欲しい物があり、いろいろ見比べているうちに、AfterShoksの値引きに気付かず結局定価購入です。 でも実際使ってみるとこれはかなりいいです。 耳を塞がないので解放感もあるし、外音も聞こえるので、お留守番モードの在宅勤務でもピンポン聞き逃す事もなさそうです。 音質は十分実用レベルです。運が臭いせいはもちろん、会議野会話も問題なし。マイクもかなり高性能ですね。 一寸価格は張るけど良い買い物でした。

体重計、血圧計を買い替えた。

最近ずっと計測をさぼっていたんですが、体重計、血圧計、活動量計をオムロンの製品でそろえていました。 もともと、それぞれのデータをPCに読込ませて統合管理できるサービスをオムロンが提供していたので、その機種を使っていたわけです。

そのうち,この手のデータ連携のハブがスマホに移行するに当たって、PC側の読み込みソフトのメンテ頻度がへって、OSバージョン追従がされなくなりました。 体重計とは始めはUSB直結でデータ抜いていたんですが、PCのOS上げたらUSB認識されなくなってしまいました。 いろいろ試したら、血圧計のデータ読み出し用のNFCリーダーでデータが読めることがわかったのでしばらくそれで対応してました。しかし、いちいち設置場所の洗面所からPCの処まで体重計を持っていって読み出しするのが面倒くさくなって、いつの間にかデータ同期をさぼるようになっていました。

また、データ管理のサービスも新サービスに切り替えると言うことで、そのタイミングで対応機種切りがあって、機器自体は使えるけど、管理が出来ないという状態に。 さらに最終的にはそのサービスもやめますよ、完全にスマホソフトで統合するよなんてアナウンスがきてしまいました。

装置自体は問題ないの関連サービスのせいでフル機能つかえないという最近のIoT機器のあるあるにはまった感じです。 サービス終了に合わせて、移行先のサービス対応出来ない機種ご利用の型は対応機種を特別割引で販売しますということでしたので、思い切って買替える事にしました。

とりあえず血圧計はオムロンのBlurtooth対応版に移行。体重計はスマホで都度読み出しも面倒なんでWIFIでクラウドに自動でデータあげちゃう別メーカの物に買替えました。 統合管理はベンダーサービスの継続リスクもあるので一本に絞らず、読み出しデータをAppleのヘルスケアアプリに寄せることで対応しました。ちなみに活動量計は数回、あやまって洗濯されて動かなくなっていたので、今はAppleWatchでやってます。

ということで久方ぶりにまじめにデータ測定にいそしんでいるんですが、血圧高目、体重化なり大目な現実をどう対処して行くかが次の課題となっています。

ちょっとした改善

ドルチェグスト Genioのカップホルダーですが、ウォーターポンプの振動でカップが踊ってしまい、ホルダーからずり落ちないか心配になることが多かったです。抽出中手で押さえていればいいんだけど、それも面倒です。 ということで3Dプリンターで作ったずり落ち防止のガイドアダプターを付けてみました。 カップホルダー全体にすべり止め施して置き換えるってことも考えましたが、使うカップも決まってますので、簡単な方法に逃げました。とりあえず要はなしているのでこれで良しです。 でも、フィットさせるために3回ほど作り直しました。

アボカド育っているよ

スーパーで買ったアボカドの種を植えてみたの現状。 植えてから何ヶ月も経ってから芽が出てきたんですが、いまはこのサイズ。 発芽率低いのかなと思ってたんですが、8分の6が発芽したので、鉢が混んできてしまいました。 鉢をどこかで分けないといけないかと思ってますが、多量にアボカドばかりでかくなってもどうしようと言う感じもするので、いまは自然の生存競争に任せてます。4つ芽が出たこの鉢は既に強者がきまっているのかな?

ビフォー→アフター

春の登り窯焼成でつくった30センチ超えの大皿です。 素焼きの時点でひびが入っており,釉薬で埋まることを期待して焼成したんですが、残念ながらひびがひらいたままになってしまいました。 結構ビードロ釉を厚掛けにしたんですがひびの大きさの方が勝ってしまったって事ですね。 ま、二つに割れなかったのは幸いでした。

で、そのままでは汁物を盛ったりするとつらいので、修復をしました。 エポキシパテで埋めて新漆のコーティングという簡易金継ですがとりあえず、使えるのでOKとします。

萩の七化けはどう育ったか

3月くらいにでき上がった萩釉を掛けた4寸皿です。 出来上がりは地味なのっぺりとした感じだったんですが、しばらく優先して使っているうちに貫入が育ってきて良い感じになってきました。

同じ仕上げで小鉢と長皿も作ってあるのですが、そっちはまだこれからって感じです。 早く渋くならないかな。

いいぬまてつやが気になるものを、興味のおももくままに綴ります。