打ち出し中華鍋とチタンカップ #1

最近我が家にやってきたおニューな道具達。山田工業所 鉄打出片手中華鍋 とSUS GALLERY TITANESS 真空チタンタンブラー

鉄の中華鍋は持っているのですが、普通の丸底中華鍋で共柄のものでした。 丸底なんで中華鍋に対応した五徳がないと座りが悪く不安定なんです、共柄で持ち手まで全部鉄なんでタオルで柄持たないと熱が伝わって来ちゃう。 ま、この鍋、10年も愛用している慣れてはいるので、丸底、持ち手の熱も平気なんですが、どうしても前から山田工業所の手打ちの中華鍋が欲しくてとうとう買ってしまったというわけ。 値段的にはお手ごろなんで、いつでも買えるたんですが愛用の中華鍋が健在だったのいまいち踏み切れなかったです。でも、家族も増えたことだし、このタイミングかなとおもって新しい鍋となりました。選んだものは今までの物より一回り大きい30センチのもので、木柄で、底は平らに打ち直したもの。更に手を抜いてさび止めの焼き切りもしてあるものにしました。今は油慣らしをしている状態だけど、試しにチャーハン作ったらパラパラでかなり良い感じ。 平底に変わったこととサイズアップで鍋振りの感覚がまだ掴めないですけど、徐々になれていけばいいかな。

ちなみに家の奥さんは重すぎて鍋降れないとのこと。しばらくは私専用ですかね。

IMG_5443

打ち出し中華鍋とチタンカップ #2

最近我が家にやってきたおニューな道具達。山田工業所 鉄打出片手中華鍋 とSUS GALLERY TITANESS 真空チタンタンブラー

真空チタンカップは奥さんがすでに持っていて優れものってのは知ってました。熱いものは熱いまま、冷たいものは冷たいまま保温がきく。今の季節、冷たいものをいれても全然結露しないんでテーブルとかが全然濡れない。 暑い日が続いていたんで、朝からアイスコーヒーを飲むことが多いですが、硝子のコップだともう机がびちょびちょ。 NotePCやりながらだとカップを置いた場所が濡れるんでPCの脚とかキーボード触る腕とかが危険な状態になっちゃいます。 で、対策としてダブルウォールのグラスでも買うかなと検討してました。 もともと、無印良品のロックグラスサイズのダブルウォールグラスは持っていたので大きいの買い足そうとしたらいつの間にかディスコン。 ボダムも検討したけど、Amazonのレビューとか読むとすごく割れやすいとのこと。となると金属の真空断熱カップとなるんですが、奥さんのカップを見ているので、ステンレスのお手ごろのものには食指がうごかず同じブランドのトールサイズカップとなったわけです。でもチタンの手作り品でお値段がかなりのもの。中華鍋なんて4個も買えちゃう値段。スゲー悩みました。一週間悶々としたて、 買うと決め手からもどの色とにするかと、さらにすげー悩んでやっとポチッとなとなりました。 悩んだけど、やっぱ物を手にすると「にまぁ」となりますね。 もう、毎日使ってるんで、アイスコーヒーのカブセルがが早速 無くなっちゃっんで、いまはお水をいっぱい飲んでます。

IMG_5439