iMac 5Kセットアップ

Yosemiteにアップグレードしようとして、ダメダメになっちゃったiMac mid 2010 は iMac 5K君にバトンタッチすることになりました。ポチってから毎日、私の荷物は今何処かなとWebをのぞいてたんですが、やっと自宅に到着です。 ヤマトから荷物受けてって思ったのはなんだこの箱。なんか台形になっています。最近のiMacってこんな箱なんですね。早速梱包をといてセットアップ開始です。 前のiMacをYosemiteにアップデートしたときもそうだったんですが、TimeCapsuleからのデータリストアが移行アシスタントからうまくできない。TimeCapsuleを見つけてはいるんだけどバックアップデータをちゃんと認識しなくてずっと待ちになっちゃう。appleのディスカッションボードとかみて、バックアップイメージを直マウントした状態で移行アシスタント実行すれば良いよいみたい。 データ移行後はいくつかアプリの再設定。Officeがライセンスコードを再要求したのでしれ直し。アドビのソフト群はライセンス管理ができませんとかエラー(150:30 Error)になったので修復ツールをアドビのサイトからダウンロードして実行して対応。いまだにCS4とかなんでYosemiteはダメかなと思ったけど起動はできるみたい。写真データが別パーティションにおいてあってTimeMachineの対象にしてあったんですが、iMac 5Kをデフォルトのままの1パーティション構成のままセットアップしちゃったので移行アシスタントさん戻してくれませんでした。結局もとMacからコピーで移動させたのでこれで4,5時間はかかったかな。だいたいデータはなんとかなって、やっと「iMac 5Kの実力とやらを見せてもらおうか」という段階です。

このあとはMac Mini上のMac OS X Serverを仮想マシンで統合しようかと思っているところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください