体重計、血圧計を買い替えた。

最近ずっと計測をさぼっていたんですが、体重計、血圧計、活動量計をオムロンの製品でそろえていました。 もともと、それぞれのデータをPCに読込ませて統合管理できるサービスをオムロンが提供していたので、その機種を使っていたわけです。

そのうち,この手のデータ連携のハブがスマホに移行するに当たって、PC側の読み込みソフトのメンテ頻度がへって、OSバージョン追従がされなくなりました。 体重計とは始めはUSB直結でデータ抜いていたんですが、PCのOS上げたらUSB認識されなくなってしまいました。 いろいろ試したら、血圧計のデータ読み出し用のNFCリーダーでデータが読めることがわかったのでしばらくそれで対応してました。しかし、いちいち設置場所の洗面所からPCの処まで体重計を持っていって読み出しするのが面倒くさくなって、いつの間にかデータ同期をさぼるようになっていました。

また、データ管理のサービスも新サービスに切り替えると言うことで、そのタイミングで対応機種切りがあって、機器自体は使えるけど、管理が出来ないという状態に。 さらに最終的にはそのサービスもやめますよ、完全にスマホソフトで統合するよなんてアナウンスがきてしまいました。

装置自体は問題ないの関連サービスのせいでフル機能つかえないという最近のIoT機器のあるあるにはまった感じです。 サービス終了に合わせて、移行先のサービス対応出来ない機種ご利用の型は対応機種を特別割引で販売しますということでしたので、思い切って買替える事にしました。

とりあえず血圧計はオムロンのBlurtooth対応版に移行。体重計はスマホで都度読み出しも面倒なんでWIFIでクラウドに自動でデータあげちゃう別メーカの物に買替えました。 統合管理はベンダーサービスの継続リスクもあるので一本に絞らず、読み出しデータをAppleのヘルスケアアプリに寄せることで対応しました。ちなみに活動量計は数回、あやまって洗濯されて動かなくなっていたので、今はAppleWatchでやってます。

ということで久方ぶりにまじめにデータ測定にいそしんでいるんですが、血圧高目、体重化なり大目な現実をどう対処して行くかが次の課題となっています。