いいぬま のすべての投稿

エネルギー管理してみる

在宅勤務が継続していますが、この猛暑で自宅でのエアコン稼働率があがって電気代が気になりますよね。うちはエアコン以外にも日本酒用の冷蔵庫やビデオレコーダーなど常時可動な電気製品が多いので輪をかけて電気代が気になります。 確かに電力会社からの使用状態の分析みると同じ契約プランの平均的な家庭に比べて倍くらい使っているよと言われています。

電力の使用状態とかはスマートメーターのおかげで時間単位で確認は出来るんですが、あんまり電力会社のWEBの使い勝手は良くないこともあり、そんなにまめなチェックはしてませんでした。コンセントに挿すタイプの電力計ももっていましが、家全体の状況をするのはむずかしく自分自身でスマートメーター読めたらいいのになとおもっていてHEMSの機材を検討していました。

もともとNater Remoというスマートスピーカーと連動させたリモコンを使ってることも有り、そのメーカーが最近リリースしたHEMSデバイスのNature Remo E Liteがいいなとは思っていました。ただ、価格もそれなりなのでどうしようかなと踏ん切りがつかない状態でした。そんな時Nature Remoのお得意様限定でNature Remo E Liteの割引キャンペーンなる物の連絡があり思わず飛びついた訳です。Nature Remoも在宅勤務が続いたので、リビングだけでなく書斎にもって感じで数が増えていたのが幸いしたのかな。

で、Nature Remo E Liteとスマートメーターを連携させるためにはBルートのアクセスIDとパスワードが必要で、これを受けとるため電力会社への申請が必要でした。 すでに自宅はスマートメーター化はされているので、WEBからの申請で一週間ほどで入手出来ました。スマートメーターへのアクセスはWI-SUNという通信規格でつながります。

実は、Nature Remo E Liteの購入検討をしていたとき、マンションのスマートメーターは電話のMDFとかと同じで電力室とかにまとめて設置されていると思い込んでいまして、宅内の機器と通信できるの? なんて疑問に思っていました。 でも実際は部屋の直ぐ外にスマートメーターが設置されていることに気がついて購入を決めました。普段目にしているはずだったんですが、気にかけないと気がつかないものです。 気がついたついでに他の部屋のスマートメーターを見てみたらメーカーが異なる物が付いていました。一時期スマートメーターの不良交換があったりしたせいか、スマートメーター化の時期の違いなのかな。

ということで、現在絶賛データの蓄積中です。電力使用量に連携させて家電のオンオフも出来るんですが、まずは見える化からですかね。

今シーズン,最初で最後かな

外食自粛が続いていたので、今年は外で岩牡蛎を食べる機会がありませんでしたので、滑り込みでシーズン最後の岩牡蛎をお取り寄せして見ました。

9月に入ってからのお取り寄せだったので、今回は冷凍ものにしてみました。 隠岐の春香というブランドです。冷凍とはいえCASと言う技術で冷凍されているので生と変わらないとのことで、確かにおいしかったです。

岩牡蛎といえば例年は行きつけのお店に頼んで6月位に食べていたんですが、そのお店もご主人引退でもうやってないんですよね。さかなの旨い店だったので新しい店探さなきゃねとおもっているんですが、このご時世なかなか難しいですね。

アボカドの芽が出てきました

これまで、水耕栽培でチャレンジしてことごとく失敗していた、スーパー購入のアボカドの再生ですが、今回、地植えを試して見たら芽が出てきましたよ。 5月連休の頃に植えてあったのですが、2、3ヶ月なんの変化もなくまた失敗かなと思ってたところ、8月に入って芽が出ていることに気がつきました。いったん芽が出始めると気候のせいかみるみる大きくなってます。

実が成るまで育つかは分かりませんが,一寸楽しみな感じです。

睡蓮二輪咲き

メダカ鉢の睡蓮、いつもは一輪づつしか咲いてなかったんですが、今年は二輪同時に割くタイミングに出会えました。 コロナ対策で在宅勤務なので、開花の時間に家にいられるからですね。

ちなみに、もう一鉢,別のメダカ水槽に睡蓮があるのですが、そちらはいまだ花がつきません。 この睡蓮も花がつくまで2,3年かかったと思いますので、来年くらいには咲くかなと期待しています。

ミニパプリカを収穫

今まで何回かベランダでのパプリカ栽培に挑戦してみたけど余りうまくいってませんでした。ベランダ床置きでは日照不足だろうと考え,今年はベランダのフェンスの高さにプランターを置くように育て方を変えたところ、結構な収穫ができました。 植えた品種ももともろ実付きがいいものを選んだのそれも功を奏したかと。赤パプリカの本体の方はまた花がつき始めたのでもしかするともう一度収穫できるのかな?

今年はパプリカは大成功なんだけど、ミニトマトは全然ダメな感じ、茎は細いし,葉もどんどん枯れ始めてます。秋植えの野菜でリベンジですかね。

大葉育った

今年の大葉は去年プランターに植えた大葉の種がこぼれ落ちて育ったものなので、苗とかは買ってないんですよね。実家に自生している物はもっとこんもりとしている感じだった気がしますが、 ベランダの半日陰でも結構大量に大葉を収穫しています。 このアニメはここ1ヶ月くらいの様数をぽちぽち撮影した物をつないで見た物です。成育過程というよりはもう収穫しているので、とってもとっても増えるよという感じがわかればなぁ。

Figure-rise Standard ULTRAMAN SUIT ZERO -ACTION-

ULTRAMANに続いてZEROのFigure-rize Standard を作りました。今回も、ちょい塗り、墨入れですが、別売りの発光ユニットを追加して、カラータイマーと目を光らせて見ました。 光ると結構良い雰囲気ですね。 ZERO製作中にSEVEN SUITも届いたので、しばらくULTRAMANが続きそうですね。

Figure-rise Standard ULTRAMAN [B TYPE] -ACTION-

COVID-19の影響で家にいる時間が増えました。 会社も長期休業や在宅勤務などで通勤時間が減ったことも有り,しばらく積みプラ崩しをしてましたが、そろそろ新規購入品に手を付けてます。

ガンプラやマシーネンクリーガーを作っていることが多かったので前から気になっていた、Figure-rize Standard シリーズのULTRAMANを買って見ました。 いつも行くプラモ屋にはこのULTRAMANのシリーズがいっぱい積まれていて、いつもどうしようかなと思いつつも他のアイテムを優先してました。 で、このULTRAMAN 、ACTIONと付くことからも分かるように動き重視のモデルです。同じシリーズで前に出ていたものをアップデートしたとのことなんですが、値段が随分安くなっていて、何が変わったのか気になり買って見たと言う訳です。

組み立て図とかネットの情報見た感じだと、前のモデルはLED発光ユニットが付いていてカラータイマーや目が光った様です。 ACTIONモデルになって、胴体の分割が変わって関節が増えたので発光ユニットはオミットされたようですね。 前モデルの胴体が余りパーツとしてついているので、ユニット手に入れれば旧モデルとしても組たてられるかもしれません。

で、組んだ感想ですがかなり気に入りました。 ほぼ素組で、シールで色を表現する部分だけ筆塗りでちょい塗装して墨入れ下だけですが,結構見栄えます。 スタンドなくても直立なら十分自立しますね。

組立もRGほど細かいパーツもなくさくっと2時間くらいかな。 すっかりこのシリーズ気に入ってしまい、既にZEROスーツが積みプラの仲間入りしてます。 後出ているのはSEVEN、ACE、TIGA、EVIL TIGAですね、こいつらもなんか並べたい気分です。プレバン限定もあるようだし危険な感じです。

MacBook Air 13inch 2020届いたよ

五月の連休にお亡くなりになられたMacBook Late 2015の後継としてMacBook Air 13inch 2020を買いました。1ヶ月の納期を越えてやっと到着です。 もともとそろそろ出ると言われているARM版のMacBookが出たら買い替えかなと思っていたんですが、それを待たずしてという感じで、最新のMacBook Airを購入することになりました。

五年を越えての乗換えなんで、かなり快適になりましたよ。性能ももちろんですが、キーボードの違いが結構きますね。 キートップのピッチが違う感じでまだなれていないけど、タイプ感はかなり良い感じです。

MacBookと一緒に新しくなったのがスリーブケースです。もちろん今回も国立商店さんの革製スリーブケースです。 MacBook Airを発注したときはラインアップすべて品切れだったんですが、在庫できたら連絡くれるようにお願いしておいたら、先週末の深夜に連絡があり速攻注文しました。 なんか深夜だったのにオンラインショップが結構重かったので、狙っていた人がたくさんいたのかな? 在庫有りだったので物は翌日に届きました。MacBook Airの到着がその翌日だというぐっとタイミングでした。 ちなみに今回はブラウンヌメのカラーを選びました。 ちょっとまえに国立商店さん方、ブリティッシュグリーンのノートカバーを購入していたので、そろえようかなとも思いましたが、買ったことないカラーもおもしろそうだったので、ブラウンにしました。

TimeMachine バックアップがとんだ

自宅のiMacのバックアップが外付けのUSB HDDにTimeMachineで取られている。 iMac本体のデータとiMac上でVMware Fusionで動かしている仮想MacOS Serverのスナップショットがバックアップされているわけだが、2,3日前からバックアップディスクの容量が足りないとエラーメッセージがでてバックアップがとれていなかった。 バックアップディスクは4TBあるんだけど、あと400GBよこせ見たい感じでかなりきつきつのよう。

バックアップディスクは8TBのHDDにパーティションを4TBづつ切って使っていたのでパーティションサイズをかえればしのげるかなと思った訳だが、足せる未使用領域がないので、いったんバックアップ側じゃないパーティションのデータを移動させてからパーティションを消去、空きを作ってサイズ変更という手順を実行することにした。

まずはデータの引っ越しするために、手持ちにデータ移せるHDDはあったかなと、使ってない外付けHDDをつないで状況見ようとしたときに事故は起きたんだ。 確認のためにHDDを付けたり外したりしているときに、同じテーブルタップに刺さっていたバックアップ用のHDDの電源が誤って抜けたみたいで、予期せぬHDDの切り離しが起きてしまったということ。

まずいなと思い、バックアップHDDを接続し直したら、嫌なメッセージが出ているわけ。「バックアップディスクは修復出来ません。」 あーあと思い、ディスクユーティリティ掛けてみたけどやっぱりダメ。 結局バックアップパーティションを初期化して、バックアップも初期コピーからやり直しすることにした。 累積のバックアップデータが初期化されるから少しは容量減るかなと思ったけど、初期コピーが3.2TBとのこと。あまり減ってない感じですね。 一晩たったけど進捗は400GBなんで、いつ終わるんだろうという感じ。

これを機会にThunderbolt接続のHDDも考えたけど、コスト感がなぁ。