「プラモデル」カテゴリーアーカイブ

塗装ブースを作ろう。 #2

週末に塗装ブースの組立をしました。 カット済みのMDFボードをまずは箱組み。接着の固定用にコーナークランプを買おうと思っていたのですが、コストダウンのためにセリアの木工ガイドを使うことにしました。固定のために木ねじでも止めるので、作業がしやすいように一時的な固定でいいので、この木工ガイドで十分でした。

整流板は蝶番をつけて開閉可能にしてます。固定は扉用のマグネットです。シロッコファンの取り付け位置はいろいろ考えましたが、結局センターに。ファン用の穴開けはファンを乗っけてサイズ決めたんですが、ダクトの吹き出しパーツを外してはかっていたため、取り付けようとしたらはまらず、サイズ拡張をしました。ファンの図面でははめ込み205mm□となっていて、最初に実物に合わせ開けた穴が若干小さいことに気がついていたんですが、やっぱり入らずという感じ。図面どおりにやるもんです。

一通り組み上がったらプラモ用の作業机に設置して排気周りの作り込み。最初ダクトパイプで取り回して、隙間用の排気アダプターを使うつもりだったんですが、塗装ブースの背面の空きと窓の距離を勘案して、ダクトパイプ無しで直結にしてみました。 排気アダプタを出したときの窓の隙間はプラダンに隙間テープをはってすきま風が入らないようにガードを作ってます。

排気周りはまだ改善の余地がありそうなんですが、とりあえずは使えそうな感じです。 さて何で試してみるかな?

塗装ブースを作ろう。 #1

最近はマシーネンばかり作っているので筆塗りが主体ですがエアブラシの道具も一通りもっています。 クレオスのミスタースーパーブースコンパクトという塗装ブースを使っているのですが、若干、能力的に不足を感じています。 コンパクトで場所を取らないのですが、吸気のスイートスポットが狭く、結構フィルターの近くでエアブラシを使わないと塗料を良く吸ってくれません。 それとサフェイサーとかを使うと直ぐフィルターが詰まるので、これも吸気能力の低下を招いている感じです。

そこで、タマミー向けの作品作りが一段落したので、プラモ製作環境の改善をしようということで塗装ブースのアップデートを考えました。 始めは塗料の飛び散りを防ぐ囲いを今の塗装ブースに付けるぐらいかなと考えていたんですが、いろいろ調べる内に、塗装ブース自体の自作もおもしろそうと思い始めました。

そこで、ネットの先人達の知恵を拝借して、流行のネロブースもどきを作ってみることしました。 とりあえず目標は1万円で出来たら良いなという感じで、パーツをそろえ始め増した。 作業机サイズなどを勘案しブースの寸法を決め、ファンを選定、金具やダクト、電源コード、接着剤などもろもろそろったところで、現在17000円の出費と言う感じです。

Ma.K Tamagawa Meeting #X

いってきました、Ma.K Tamagawa Meeting #X。 今年は380点近くの出品があったそうです。 その為か人気投票も上位のみ何でも一桁得票な感じになるほど、皆さん熱のこもった作品を作られていましたよ。 開催時間中ずっと会場は人でいっぱいな感じでした。

今年は、ジオラマ作って来ている人たちが水の表現にチャレンジしてる方が多いのが印象的。自分も水没ガチャーネンを作りたいなと思っていたんですが、控えめなが小川まででお茶を濁した感じなので、次は何かもう少し水多めで行きたいと思います。

ガチャーネンのジオラマ #2

ダンゴムシ&ガチャーネンのジオラマですが、パイロットフィギュアを置いたら、この娘が乗ってきたスーツもあったほうがいいかなと思いまして、殻割りガチャーネン作りに着手しました。SAFSをのこぎりでぶった切ってプラ板とエポパテで内装をでっち上げてます。 固定ポーズのにするので、このディティールだとちゃんと殻が閉まらないかもしれないけど、雰囲気重視で進めます。

ガチャーネンのジオラマ #1

タマミー #10用にもう一点何か作ろうかと思い、ガシャポンのダンゴムシを使ったジオラマを作ってます。 ガチャーネンとダンゴムシだけでは芸が無かったのでやっぱフィギュアあったほうがいいかなと思い、気になっていたジルプラのフィギュアを買ってみました。 1/35なのにかなりの出来、塗るの大変そうです。

マイオリジナル マシーネンクリーガー #2

マシーネンクリーガー Tamagawa Meeting #10向けのオリジナルマシーネン。9月中は資格試験を優先していたので余り作業が進んでないのですが、ぽちぽちとデカール、ウェザリングを行いだいぶ感じになってきました。あとは展示方法の検討です。 バックヘビーなんで立たせると倒れやすいので、支柱付けて飛行ポーズがいいかなと思ってます。 7年前作のノーマルスーパーボールと並べて見るのもいいかな。 フィギャアも一緒に考えましょう。

マイオリジナル マシーネンクリーガー #1

10月のマシーネンクリーガー Tamagawa Meeting #10に向けての製作を進めています。 8月中に製作状況をいったん公開したけどサーバクラッシュでデータが飛んだので再投稿。

再生産されるということでストックしてあったスーパーボールをベースに教化型ぽいスーツを作ってみました。寄せ集めのパーツはほぼカンプラからですね。

Ma.K SGプラウラーを作ろう その4

マシーネンクリーガーの偵察がスーツを作ろう月間の成果です。

Waveキットのプラウラー、旧日東キットのファイヤーボール改造の武装型SGプラウラー、 Waveのスネークアイとプラウラーを合体させて作ったSGプラウラー改です。

塗装はファレホをエアブラシで吹いて、筆でちょっとだけテクスチャーを追加。 アンバー色の下地にチッピングメディウムを吹いて置いたので、はげちょろはナイフでカリカリして削ってます。塗料が厚くて剥げにくかった部分はスポンジチッピングしてます。あとはパステルでうっすらトーンを落としてます。 

ファレホのウォッシュやMr. ウェザリングカラーとかも使ってますが、なかなか使いこなせてないのでかなり控えめですね。

(サーバクラッシュの影響で記事をロストしたので再掲です。)