ミネラルウォーター

普段飲んでいるミネラルウォーターはボルヴィックだ。 いろいろ飲み比べてこの銘柄に落ち着いている。
毎日飲む物でまめに買いに行くのも大変なので、最近はアスクル使ってまとめ買いをしている。
そろそろ買い置きが終わりそうだったので昨日アスクルにオーダーをかけておいた。さすがに名前の通り配達は今朝の9時に行われた。(うちの場合、毎回朝9時に届く)
玄関に置かれた段ボールをみてまずいことに気がついた。 置かれた箱には大きく「Vittel」と書かれていたのだ。 どうやら発注の時に慌てていたか、酔っていたかのどちらかで銘柄を間違えてしまった様だ。
今更、オーダーキャンセルもできないので、今回は「Vittel」で我慢することにした。しかし、こんな間違いをしてしまった時に限って2箱(2ダース)も発注しちゃったんですよね。;_;
一日1本づつ飲んで次のオーダーは1月後かなぁ。 36リットルも飲めば好み変わっちゃうかも…
ま、Vittelは硬度高いことだし、最近仕事いらついたりしているからそれはそれで良かったかも。
参考:
ミネラルウォーターの基礎知識 → Water Index

NewtonでBluetooth

40hz.orgの配付しているBluetooth用のドライバ bluntを試してみた。
Bluntで使用可能なBluetoothアダプタは限られるので、今回は国内で入手できたAmbicomのAir2NetÆ Bluetooth PC/CFカードで試してみた。
ちなみに、Bluntで推奨するBluetoothカードの仕様は、PCMCIA Type II card (no CardBus card), UART interface, HCI protocol support. This should cover those cards which are supported via a UART driver under Linux or BSD. だそうだ。LinuxのBluetoothドライバの対応カードで btuart_cs, hci_uart, bt950_csが使える奴らしい。
さて、結果の方だが、カードは認識する、テストコマンドも正常終了する。 ただし、他のBluetoothデバイスを探しに行くとシステムエラーという状況だ。私のMP2100環境がまだいい加減なせいかもしれないが、今一歩と言うところだ。
Bluetoothで通信できるよな携帯電話とかは所有していないのでとりあえずの目標はマック、ウィンドウズとの接続だな。

新品マックG5をウィンドウズマシンに改造

Yahooニュースに出ていたPowerMac G5のドンガラにWindows PCを突っ込んだって言う記事。
世界中のマックユーザーから痛烈なメールを多量にそのマシンの製作者はもらったそうですね。
最近のマックユーザー(iMac以降)はそんなにマックに固執しないと思えるから、Macintoshの時代からのユーザーが過剰に反応したんですかね。
マックユーザーってもっと寛大だと思っていたのだけど意外ですね。ちなみに、わたしも古い方のユーザーだけど、この改造嫌いじゃないですよ。こんなのに目くじら立てていたら、こっちの改造はどう見えるんでしょうね。
→G3ビアサーバ

Mamba.XS

MacNNの広告バナーに出ていて発見したバッグ、Mamba.XS
ショルダータイプ、バックパックタイプ、ワンショルダータイプといろいろと使い分けられ、12インチPowerBook対応ということで、一寸いいかもと思っている。
ちなみにPowerBookを持ち歩く時は購入時にアップルストアで一緒に買ったBrenthavenのバックか、国立商店in-packedにいれてバックパックに放り込むかのどちらかだ。

スタイルシート

朝からこのサイトのスタイルシートをいじっていました。寝ぼけて作業したのか、気がつくともとのアップロード時にミスしたか、テンプレートが壊れて半分無くなっていた。 バックアップも無かったので、たまたまブラウザで開いていた自分のページと、movabletypeのサイトにあるデフォルトテンプレートから、今まで変更してきたページを一から再構成しました。
movabletypeだとページのデザインはスタイルシートベースになるんだけど、これが今まであまりいじっていなかったのでなかなかうまく操れない。 属性の継承関係とかよく理解しないと思った様なページにならないですね。そのうえ、ブラウザ毎に微妙に動作違うしねぇ。
一応Dreamweaverで設計はしているのだけど、やっぱりスタイルシートちゃんとやるにはMX 2004 にアップグレードしないとだめなのかなぁ?

ecto、blogの管理ツール

いいぬまもblogの更新に使用しているblog管理ツールkung-logの後継版としてectoというツールの開発が進んでいますね。
デザインはメタルフレームに変っています。日本語リソースも近々リリースされるそうです。試しにこの記事はectoでつくっています。(といっても、判らないと思いますが…)

火星探査のトラブル

各国の火星探査機のトラブルがいろいろと続いていますね。
軌道投入失敗したり、着陸失敗して行方不明だったり、センサー故障して修理困難になったり。
一台二台ならともかく、軒並みってトラブルってところが、どうも怪しい。
なにか、作為的なもの感じますね。以外と火星には知的生物がいて、自分たちを見つけさせないように妨害しているとか。今回の火星探査車スピリットのケースも以外とカメラの資格から装置にいたずらしている何かがいたりして。
でも、そう考えると、彼ら(と、よんでいいのかな)が真実を隠す理由はなんなんでしょうね?

FOMA専用Bluetoothアダプター「F-access(エフ・アクセス)」

FOMA専用Bluetoothアダプター「F-access(エフ・アクセス)」 ってものがリリースされますね。 携帯用にもこの手のデバイスがでるって話があったと思いますがどうなったんでしょうね。
でも、とりあえずFOMAで出たって事と、Mac OS X対応していますって事で、また一つFOMA乗り換えの理由ができたかな。Bluetoothって殆ど使っていないので、やっと活用できるという点と、ケーブル無しで通信できるってところも重要ですね。
ところで、こいつの通信速度ってどれくらいなのかな? 他製品見ると200kbpsはでるっぽいね。

いいぬまてつやが気になるものを、興味のおももくままに綴ります。