ムクドリ対策

ベランダのカリフラーとプチベール、芽キャベツがムクドリにやられました。カリフラワーは収穫後だったのでまだ良いのですが、芽キャベツ、プチベールは残念な状態に。 残りのブロッコリーと以前一寸だけやられた空豆を防御する必要があります。

鶏よけネットを張るとか、ベランダ手すりにテグスを張って止まれないようにするなどいろいろ手段があるようですがホームセンターで物を見てきてきたら結構なお値段がします。 いきなり投資をしてというのも厳しい感じがしたので、何か身近な物で対策できないかと考えました。

ホームセンターで物色した時に、カラスの死骸の模型とか、フクロウや鷹のシルエットみたいな物もあったので、手作りグッズでもいいのかと思い、空き缶風車を作ってみました。ネットで作り方を調べて、ビール缶を加工してみました。

作業は型紙つくってやったので一つ30分くらいで完了。 ベランダに吊ってみたんですが、あんまり回転が良くない感じ。 回転軸合わせと羽の角度調整をして、そこそこ回る感じになりました。

ムクドリさん、最近は葉っぱは余り狙わずに、メダカの水槽で水浴び? か水飲んでる様ですが、設置3日目ですがいまの処、ムクドリがやってきた形跡はない感じで、効果はまだ不明です。

RaspberryPi でサイト移行にチャレンジ

ブログとメールを運用している自宅サーバ、Vmware Fusion上のMax OS X Serverですが、サーバ機能のアップルからの提供が止まって、既に2世代前のOSバージョンです。このサーバ、バックアップがうまくとれなかったり、ディスクイメージが壊れたりといろいろ手がかかるようになったので、運用どうしようかなと考えているところなんです。

で、今回は選択肢の一つということで、自宅物理サーバ復活、OSも変えちゃえ編ということで、前から気になっていたラズパイを買って見たと言う話。

もともと、自宅のサーバはFreeBSDで構築したあった物を、MacMini 上にOSSで構築して、MacMin Serverに引っ越して、その後P2VでiMac上に引っ越したんだっけ? wandaba.comドメインも2003年登録って事だから17年も運用しているのか。 MacOS Serverに引っ越してから、メールやWebのソフトの更新はOS側でやってくれていたのでめっきりソフトいじるよりコンテンツ優先になっていて感じ。 そろそろリハビリかねてOSSいじりしてもいいかなと言うことで、ラズパイ4を購入してみたと言うところ。

それで、構築はささっと済ませてたいかなと思い、ハードはセットの物をAmazonで買ってみました。電源、ケース、ケーブル、メディアがセットでしたが、手持ちの余りモニターがDVI-Dだったので、ラズパイキット付属のMicroHDMI<->HDMIのケーブルをHDMIセレクタ通して、HDVI<->DVI-Dで接続しました。なにか前にやったときに買ってあったありものグッズ類でここは何とかなりましたが、自宅に転がっていたキーボードがPS2やADBなんて昔の物しかなかったので、キーボードだけは安い物を買いました。

ラズパイのセットアップはネットでやり方を調べて、SDカードのフォーマッタやOSインストーラなんかを準備して始めたんですが、キット付属のSDカードにOS書き込み済みだったんで、ケーブルつないで電源入れただけで直ぐ使えちゃってあまりに拍子抜け、FreeBSDの頃にカーネルビルドやっていた事を考えると、10数年はいろんな物が進化してますね。

とりあえず、インストール済みのパッケージのアップデートとCMS入れてみるべと言うことで、WordPressを導入してみました。 MacOS上のWordPressからデータをエクスポートして引っ越してみましたが、プラグインやテーマが持ってこれてなかった利するようでした。 画像データもすべてがインポート出来てないようで、エラーが出てるようです。 標準の機能だと移行できる物が少ないようなので、All-in-One WP Migration を使ってやったほうがいいと言う情報があったので、試して見ました。

で、プラグイン入れたんですか、何処を探してもエクスポートのメニューが見つからない。 インストール失敗かといろいろ調べてみたんだけど、わからない。 受側のラズパイ側のWordPressにはちゃんとメニューが現れている。何が違うんだろうと悩んだところはたと気がつきました。Mac側にはMutiSite対応拡張セットもあるよとメッセージが表示されていました。 リンクページを見たとき有料版の話だったので無視していたんですが、よくよくプラグインの機能を確認すると、どうやらマルチサイト構成のページは有料版でないと機能が使えない様です。うちのサイトはMacOS Labのサイト運用していたので、マルチサイト構成になっていたんです。 もうサイトは閉めてあるんで、データだけが残っているんですが、それが引っかかるとはという感じです。

ということで、ラズパイで遊びながらサイト移行を検討しようはWordPressお試しセットアップで引っかかっていったん足踏みってところです。 ま、ソフトいじるだけでなくハードつないでなんかするのがラズパイの楽しみ方でもあるんで、なんか別の事もやってみようかなと思っているところ。

Z-LIGHT Z-208PRO

先日塗装ブースを自作したのと一緒に作業用のライトを新調しました。その時、プラモ机でつかっていたスタンドを玉突きでPC机の方に持ってきていたんですが、お古のスタンドライトだと、iMac27インチでつかうとアームの取り回しが悪くてスタンドの傘が視界にはいって気になっていました。

プラモ机には山田照明のZ-208PROという物を導入していますが、すこぶる良い感じなので、PC机にも同じ物を導入することにしました。 Z-208PROはアームが50センチ以上もあるので、iMac 27インチの上からでも照らせるので視界をさえきりません。

また照明の明るさが7段階に替えられので、プラモ作ったり、塗装したりするときとPC使うときは明るさをかえています。これまで、PC机でスタンド使うことが余りなかったので気にならかったのですが、新しいライトを使うようになってiMacのディスプレイ輝度の自動調整機能がなんか明るさに過敏に動く感じなので、戸止めてしまいました。 スタンドの明るさ前回にすると画面輝度も前回になってかなりまぶしいので。

ベランダのカリフラワー

ベランダで育てているカリフラワーの二態。

すでに収穫済みで脇芽が出てくるかなとそのままにしてあったカリフラワーが悲しい状態になりました。 見ての通りの葉の状態。おそらくベランダに良く来ているムクドリさんが食べたのでしょう。 以前、同じくベランダの空豆がやられたのですが、そっちの方はこれほどひどい状態でなく、まだ育つ状態だったのですが、カリフラワーは完全に丸坊主です。

ベランダには収穫待ちのパープルカリフラワーがまだあり、こっちに目を付けられないか心配なところ。 蕾が15センチくらいが収穫の目処とのこと。 今、10センチくらいなので、もうすぐかな。

塗装ブース使ってみた

新規に製作した自作塗装ブースをやっと試せました。 といっても、臭いが気になるラッカー系塗料じゃなくて水性塗料のファレホです。 造り掛けのマットアロー2号、ラッカーとそうしようと思って塗料も買い込んだのに年末の朝っぱら寝起きで作業着手したら、ラッカー系使おうと思っていたことをすっかり忘れて、何の気なしにファレホのプライマーで下地吹いて閉まっていたのでした。

とりあえず、塗料の粉は吸ってくれているようですが、臭い対策の盲点に気がつきました。 それというのもエアブラシ使った後の掃除で使う溶剤やクリーナーの臭いが残ると言う事。 掃除するとき空吹きをゴミ箱に向かってやっていたんで、そっちの匂いが結構しちゃうということ。洗浄吹き用の瓶も用意しているので、横着しないできちんとそっちを使わないといけませんね。

ところで、塗装ブースには充電式のハンディLEDライトをマグネットで取り付ける計画だったんですが、作業用のスタンドライトでもちゃんとブース内が照らせることに気がつきました。 それならということで、スタンドライトを新してもいいかなといろいろ研究して、やっぱりZライトに行き着きました。塗装ブースにもつかうんで色味がきちんと見えるというPRO使用のZ-208PROってやつを奮発しちゃいましたよ。

国立商店のEasy Coverを買ったよ

仕事で使っているKOKUYOのシステミックは2代目なんですが、どうもゴムバンドせいのペンホルダーの耐久性がなくて、またもべろべろ状態になってしまいました。なんか対策できないかなと思い、後付けのペンホルダーとか買って見たんですが余りしっくりこず、そろそろ買え替えかなと思っていたところ、国立商店さんからノートカバーリリースの案内がやってきました。

国立商店さんのノートカバー結構良いお値段だったんですが、ノートも日々使う物だし、思い切って購入することにしました。で、購入したのがブライドルレザーのブリティッシュグリーンのカバー。 カバーだけなので、手帳バンドとペンホルダーは自分で用意することにしました。

システミックの時は購入した後付けペンホルダーが厚いカバーにうまく付けられなかったので、そこは用心して革厚1.9mmでも付けられそうな物を見付けてきました。Amazonとかではどれくらいの厚さまで対応しているかがわからなかったので、文具店をめぐってトラベラーズノート用のペンホルダーが使えそうと判断した処ジャストフィットでした。

手帳バンドは残念ながらまだ良い物が見つかっていません。ノートカバーが暮れに届いたので、今年と来年のダイアリーノートの三冊を入れていたので、ばらけないようにバンド要るかなと思ってましたが、ダイアリー&ノートの2冊なら問題なさそうな感じもしてます。

1週間ほど持ち歩いてますが、ブライドルレザー蝋引きがなじみさっそくはじめています。どんなふうに育つのか楽しみに感じすね。

塗装ブースを作ろう。 #2

週末に塗装ブースの組立をしました。 カット済みのMDFボードをまずは箱組み。接着の固定用にコーナークランプを買おうと思っていたのですが、コストダウンのためにセリアの木工ガイドを使うことにしました。固定のために木ねじでも止めるので、作業がしやすいように一時的な固定でいいので、この木工ガイドで十分でした。

整流板は蝶番をつけて開閉可能にしてます。固定は扉用のマグネットです。シロッコファンの取り付け位置はいろいろ考えましたが、結局センターに。ファン用の穴開けはファンを乗っけてサイズ決めたんですが、ダクトの吹き出しパーツを外してはかっていたため、取り付けようとしたらはまらず、サイズ拡張をしました。ファンの図面でははめ込み205mm□となっていて、最初に実物に合わせ開けた穴が若干小さいことに気がついていたんですが、やっぱり入らずという感じ。図面どおりにやるもんです。

一通り組み上がったらプラモ用の作業机に設置して排気周りの作り込み。最初ダクトパイプで取り回して、隙間用の排気アダプターを使うつもりだったんですが、塗装ブースの背面の空きと窓の距離を勘案して、ダクトパイプ無しで直結にしてみました。 排気アダプタを出したときの窓の隙間はプラダンに隙間テープをはってすきま風が入らないようにガードを作ってます。

排気周りはまだ改善の余地がありそうなんですが、とりあえずは使えそうな感じです。 さて何で試してみるかな?

塗装ブースを作ろう。 #1

最近はマシーネンばかり作っているので筆塗りが主体ですがエアブラシの道具も一通りもっています。 クレオスのミスタースーパーブースコンパクトという塗装ブースを使っているのですが、若干、能力的に不足を感じています。 コンパクトで場所を取らないのですが、吸気のスイートスポットが狭く、結構フィルターの近くでエアブラシを使わないと塗料を良く吸ってくれません。 それとサフェイサーとかを使うと直ぐフィルターが詰まるので、これも吸気能力の低下を招いている感じです。

そこで、タマミー向けの作品作りが一段落したので、プラモ製作環境の改善をしようということで塗装ブースのアップデートを考えました。 始めは塗料の飛び散りを防ぐ囲いを今の塗装ブースに付けるぐらいかなと考えていたんですが、いろいろ調べる内に、塗装ブース自体の自作もおもしろそうと思い始めました。

そこで、ネットの先人達の知恵を拝借して、流行のネロブースもどきを作ってみることしました。 とりあえず目標は1万円で出来たら良いなという感じで、パーツをそろえ始め増した。 作業机サイズなどを勘案しブースの寸法を決め、ファンを選定、金具やダクト、電源コード、接着剤などもろもろそろったところで、現在17000円の出費と言う感じです。

AppleWatch S5買ったよ

iPhone 11を見送ってiMacを買い替えましたが、下取りに出した古いiMacがほぼ満額で査定されたので、思い切ってAppleWatchを新調しました。これまでS2だったのでS5の画面の大きさや、常時点灯ディスプレイを堪能しています。(笑) なにより、ハゲハゲのアルミケースからチタンケースへのジャンプアップがうきうきですね。

いいぬまてつやが気になるものを、興味のおももくままに綴ります。