MacBook Airのバッテリ交換してみよう

バッテリが...
バッテリが…

Macbook ’11 Retina に乗り換えたため遊休になっている、MacBook Air ’11 mid 2011ですが、USB Type-Cでうまく動かない体重計のデータ取得のためにたまに出動するんですが、どうもバッテリが寿命になったようです。ACつながないと起動しないし、バッテリの今すぐ交換警告が出ています。 さらになんか本体ががたがたするのでよく見たら、キーボードが盛り上がっている。こりゃ、バッテリの膨張ですね。完全にバッテリ交換が必要そうです。もともとMacBookの乗り換えしてるんで、買い取りに出そうと思っていたんですが、バッテリがこの状態だと査定も厳しそうです。 現状の買い取り価格をみて、交換バッテリに投資をしたほうが良いかが判断処ですが、Mid 2011もまだ良いねで売れそうなんで、自分でバッテリ交換してみることにしました。 純正パーツを取り寄せてやる予定だけど自分で作業したら査定に影響どれだけあるのかなぁ。

そもそも、体重計のデータ取得の環境ができないとこのMacBook Airもお役ごめんにならないけど、こっちはUSB HUBで対応できるのろうか? Type-Cの変換ケーブルやアダプタはいくつか買ったけどダメだったんだよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください