MacBookのキートップを交換したけど

コーヒーをこぼしてしまったMacBook 12inch Retina (Early 2015)のキーの感じが変だったので分解して掃除をしてみました。このMacBookのキーボートはバタフライキーとか言う薄型の物なんで、なんか作りがかなりきゃしゃです。普通のキートップならハメ直しは上から押し込めばよかったので、そのつもりで押し込んだらなんかいやな音が。キートップの構造をよく見ると、はめ込みの受けの形が上下で違ってました。上側はU字型で押し込みでOKでしたが、下側はL字型でした。この構造だとキートップ全体を押し込むのでなく、下側かを引っかけてから上側を押し込まないといけない。そこに気がつかずに無理やり押し込んだので下側の受け部を壊してしまいました。iFixitでキーボードの分解手順見てやったんですが、組立は分解の逆順にやればいいよなっていたんで、そうしたんですけど、はまり増した。 よくよくその記事のコメント欄とか見ると、同じようなワナに落ちた方がいて、注意書きがついてました。 それでもキーの入力はできるのですが、キートップが一部しか固定されていないのでなんか浮いた感じになっていてやな感じ。 修理に出そうかと思いましたがきっとキーボード全交換になるので、コスト削減のためアメリカのキーボードパーツ販売店からからキートップだけ取り寄せて自分で交換しました。こんどはきちんと組立たんですが、なんかキーボードバックライトの光り方が弱い感じがします。純正パーツと勝手に思い込んで単ですが、互換品なのかな? それとも、もともとロット違いとかでキートップの文字のすけ具合がちがうのかな? 写真にうまく写せなかったのですが、肉眼でみると確かに光り方が違う。細かいことですが、気がついちゃうと違和感が消えません。これなら、キートップだけでなく、キーボード丸ごと入手したほうがよかったのかな? あとで見付けたんですが、中古のキーボードとかも売られているんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください