3DプリンタでDysonクリーナーのツールホルダーを作ったけど…

GW中のDIY作業です。 お次は、Dysonクリーナーのツールホルダーです。 家のDysonのコードレスクリーナーですがスタンド付で交換ヘッドを収納するためのホルダーは付いているのですが、なぜかミニモーターヘッドだけホルダーの位置せいかスタンドのポールにぶつかってホルダーに付けられないのです。 ミニモーターヘッドをクリーナ−本体につけて、パイプをホルダーに付けるとスタンドへの収まりは良くなるのですが、一番使うのがパイプヘッドなので、毎回付け替えるのは面倒ですね。 スタンドの足下にモーターヘッドを転がしておくのもなんかかっこ悪いので、スタンドのホルダーを拡張してミニモーターヘッドも収納出来るようにしようと思いました。

ネットで調べるとツールホルダーのたぐいはいろいろ売られているようなんですが、やっぱりGWで時間もあるので3Dプリンタの出番となりました。 ホルダーのデータはネットに転がっているもの使ってみました。 8時間程かかかってでき上がった物をさっそく使ってみたところ、旨い感じでミニモーターヘッドも収まる感じです。 しめしめと思い、他のツールもつけてみようとモーターヘッドを外そうと引っ張ったら、パキッて嫌な音がしてホルダーを支える腕が折れちゃいました。元のデザインを見たときに強度大丈夫かなと思ったのですが、普通に使っている写真もあったのでチャレンジしたんですが、何も考えずに印刷したので、構造的に弱くなっちゃう向きと、力がかかる向きが一緒になってたんですね。 ほんと一ひねりで壊れました。

ということで、現在印刷方向を45度傾けたうえ、構造的に強いインフィルパターンに変更して再度印刷中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください