ビフォー→アフター

春の登り窯焼成でつくった30センチ超えの大皿です。 素焼きの時点でひびが入っており,釉薬で埋まることを期待して焼成したんですが、残念ながらひびがひらいたままになってしまいました。 結構ビードロ釉を厚掛けにしたんですがひびの大きさの方が勝ってしまったって事ですね。 ま、二つに割れなかったのは幸いでした。

で、そのままでは汁物を盛ったりするとつらいので、修復をしました。 エポキシパテで埋めて新漆のコーティングという簡易金継ですがとりあえず、使えるのでOKとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください