HG-AB ビルバインを作る

MaxFactoryのサーバインと、バンダイのサーバインを買ったついでに再販されたHG-ABのビルバインを買ってあったので最近の一連のプラモ熱の延長でつくりました。

HGといっても結構古いキットですかね、パチ組みした感じでは可動が全然狭い感じ。 腕は上がらないし、脚も開かないので気をつけポーズ位しか出来ない感じです。 作例をいろいろ調べて、取り合えずということで、肩と腿の付け根のクリアランスを上げて少しは脚が開く感じにはしました。

脚関節は挟み込みで、最近のキットのように後差しとか出来ません。はめ込み加工も面倒だったので、先に関節塗装、マスキングして挟み込みして腿,脚を作るという感じにしました。

なんか差し込みパーツの強度が弱くて、製作途中でウイングキャリバーへの変形を試してたら首の軸が折れたり、完成後,撮影しようとポーズ付けてたら、肩関節は折れるは、かかとも折れる、果てはオーラキャノンの砲身も折れると言う事態に。他のオーラバトラーでも軸折れ頻発する記事も見たので、一寸強度設定が足りないんですかね。

結局、折れた部分は瞬着で固定となりまいた。 かかと、砲身は良いんですが、腕を固定しちゃったのでウイングキャリバーへの変形はもう無理です。立ちポーズは出来るんですが、バックヘビーなんで、腰関節の保持力弱くて直ぐのけ反ります。

さて、次はサーバインかな最新のキットは何処まで進化しているか…

成長記録:スダチとカボス

ベランダに仲間入りしたのは去年の秋ごろですが、鉢植えのスダチとカボスの現在の様子です。

それぞれ1つづつ実がついて一寸づつ大きくなっています。 スダチは今年二回目の実です。最初についた実は1センチ位まで育ったのですが、気がついたら落果していまいた。 現在の実はその時のサイズよりは大きい感じです。毎日、ちゃんと育っているかの確認してます。

無印良品 体にフィットするソファーを買替えた

別名「人をダメにするソファー」とよばれる、無印良品の「体にフィットするソファー」ですがうちにもいます。 でも最近はフィットすると言うよりなんか埋まっちゃう、クッション感が薄いと感じることが多くなりました。 内部のビーズがつぶれてきているんだろうと思い、補充とかできないかなと調べていたら、無印良品に補充用のクッションがあることを発見しました。 でも、それを使っている人のレビューとかを参考にするとどう見ても家のヤツは補充クッションで救える状態ではない感じ。

となると,やっぱり自力でビーズ補充かなとも思ったんですが、丁度このタイミングでクッション本体が値下げされたのことに気がつきました。それなら思い切って買替えしちゃえとなりました。

物がでかいので、ネットで買ったんですが、無印良品のネットショップだと送料がバカにならないので、今回はLOHACO経由で購入。こっちは送料無料。2500円の差は大きいです。

新品と比べてみたらやっぱり、今まで使っていた物は半分くらいの厚さになってました。 これはクッション感がだいぶ変わるはずです。古い物は廃棄するつもりだったのですが、なんとなくまだオットマン替わりに使ってます。2つのクッションがリビングを占領してます。

ちなみに、つぶれたクッションは2014年4月購入でした。