HG-AB ビルバインを作る

MaxFactoryのサーバインと、バンダイのサーバインを買ったついでに再販されたHG-ABのビルバインを買ってあったので最近の一連のプラモ熱の延長でつくりました。

HGといっても結構古いキットですかね、パチ組みした感じでは可動が全然狭い感じ。 腕は上がらないし、脚も開かないので気をつけポーズ位しか出来ない感じです。 作例をいろいろ調べて、取り合えずということで、肩と腿の付け根のクリアランスを上げて少しは脚が開く感じにはしました。

脚関節は挟み込みで、最近のキットのように後差しとか出来ません。はめ込み加工も面倒だったので、先に関節塗装、マスキングして挟み込みして腿,脚を作るという感じにしました。

なんか差し込みパーツの強度が弱くて、製作途中でウイングキャリバーへの変形を試してたら首の軸が折れたり、完成後,撮影しようとポーズ付けてたら、肩関節は折れるは、かかとも折れる、果てはオーラキャノンの砲身も折れると言う事態に。他のオーラバトラーでも軸折れ頻発する記事も見たので、一寸強度設定が足りないんですかね。

結局、折れた部分は瞬着で固定となりまいた。 かかと、砲身は良いんですが、腕を固定しちゃったのでウイングキャリバーへの変形はもう無理です。立ちポーズは出来るんですが、バックヘビーなんで、腰関節の保持力弱くて直ぐのけ反ります。

さて、次はサーバインかな最新のキットは何処まで進化しているか…