「Life」カテゴリーアーカイブ

3DプリンタでDysonクリーナーのツールホルダーを作ったよ。

GWのDIY作業の続き。 Dysonクリーナーのスタンドに収納しきれないアクセサリーを収納できるようしようのコーナー。 ネットで拾ってきたツールホルダーを3Dプリンタで何度か印刷したのですが、一体型の物は構造的に弱い様で結構簡単に壊れました。 データをいじって補強をしようかと思ったのですが、つらつらと3Dプリンタのデータ共有サイトを眺めていたら、別のタイプのツールホルダーデータを見つけました。 パーツ分割されていて後組立方式。 これなら、印刷積層方向の強度調整もしやすそうだったので、こっちを採用することにしました。

最初は分割されたパーツを一度に印刷しようとしたんですが、途中でプリンタのビルドプラットホームからの剥がれが何度か発生したので、パーツ配置や個数の調整を何度かすることになりました。 結局、1,2個づつの印刷になったんですが、前データの試行錯誤も含めて2日位これやってました。 ま、連休中2回目の電話待機当番の日だったのでおこもりにはちょうどよかった感じかな。

3DプリンタでDysonクリーナーのツールホルダーを作ったけど…

GW中のDIY作業です。 お次は、Dysonクリーナーのツールホルダーです。 家のDysonのコードレスクリーナーですがスタンド付で交換ヘッドを収納するためのホルダーは付いているのですが、なぜかミニモーターヘッドだけホルダーの位置せいかスタンドのポールにぶつかってホルダーに付けられないのです。 ミニモーターヘッドをクリーナ−本体につけて、パイプをホルダーに付けるとスタンドへの収まりは良くなるのですが、一番使うのがパイプヘッドなので、毎回付け替えるのは面倒ですね。 スタンドの足下にモーターヘッドを転がしておくのもなんかかっこ悪いので、スタンドのホルダーを拡張してミニモーターヘッドも収納出来るようにしようと思いました。

ネットで調べるとツールホルダーのたぐいはいろいろ売られているようなんですが、やっぱりGWで時間もあるので3Dプリンタの出番となりました。 ホルダーのデータはネットに転がっているもの使ってみました。 8時間程かかかってでき上がった物をさっそく使ってみたところ、旨い感じでミニモーターヘッドも収まる感じです。 しめしめと思い、他のツールもつけてみようとモーターヘッドを外そうと引っ張ったら、パキッて嫌な音がしてホルダーを支える腕が折れちゃいました。元のデザインを見たときに強度大丈夫かなと思ったのですが、普通に使っている写真もあったのでチャレンジしたんですが、何も考えずに印刷したので、構造的に弱くなっちゃう向きと、力がかかる向きが一緒になってたんですね。 ほんと一ひねりで壊れました。

ということで、現在印刷方向を45度傾けたうえ、構造的に強いインフィルパターンに変更して再度印刷中です。

二十日大根の花

収穫せず放置した二十日大根の花が咲きました。 花芽が付きはじめたころ、勝手に菜の花な用な黄色い花が咲くと思い込んでいましたが,実際はピンクの花でした。 そろそろ取り除いて次のハーブでも蒔こうかな。

ソラマメの方は鞘がだんだん大きくなってきています。 いっぱい鞘がついたら摘鞘しようと思ってたんですが、まだ一枝二三個の状態です。もう少し待ちますかね。

秋の作付け

秋植えのベランダガーデニングの新規参入者達。 去年思いの外旨くできた空豆を再投入。 結構つかえる九条ネギ。 果樹系やってみたいなとおもい初挑戦のスダチ、イチジク,カボスです。

今年は狙って種を取ります

去年うえた大葉のこぼれ種からそだった,2世代目の大葉に花穂がつきまくってます。去年は放置状態でこぼれた種からでしたが、今年は種をねらって収穫しようかなと思ってます。 ベランダの日照時間がそんなに長くないので、半陰性くらいの野菜でないと、育ちがよくない感じなので、大葉はわが家のベランダガーデニングのスタメンですね。

エネルギー管理してみる

在宅勤務が継続していますが、この猛暑で自宅でのエアコン稼働率があがって電気代が気になりますよね。うちはエアコン以外にも日本酒用の冷蔵庫やビデオレコーダーなど常時可動な電気製品が多いので輪をかけて電気代が気になります。 確かに電力会社からの使用状態の分析みると同じ契約プランの平均的な家庭に比べて倍くらい使っているよと言われています。

電力の使用状態とかはスマートメーターのおかげで時間単位で確認は出来るんですが、あんまり電力会社のWEBの使い勝手は良くないこともあり、そんなにまめなチェックはしてませんでした。コンセントに挿すタイプの電力計ももっていましが、家全体の状況をするのはむずかしく自分自身でスマートメーター読めたらいいのになとおもっていてHEMSの機材を検討していました。

もともとNater Remoというスマートスピーカーと連動させたリモコンを使ってることも有り、そのメーカーが最近リリースしたHEMSデバイスのNature Remo E Liteがいいなとは思っていました。ただ、価格もそれなりなのでどうしようかなと踏ん切りがつかない状態でした。そんな時Nature Remoのお得意様限定でNature Remo E Liteの割引キャンペーンなる物の連絡があり思わず飛びついた訳です。Nature Remoも在宅勤務が続いたので、リビングだけでなく書斎にもって感じで数が増えていたのが幸いしたのかな。

で、Nature Remo E Liteとスマートメーターを連携させるためにはBルートのアクセスIDとパスワードが必要で、これを受けとるため電力会社への申請が必要でした。 すでに自宅はスマートメーター化はされているので、WEBからの申請で一週間ほどで入手出来ました。スマートメーターへのアクセスはWI-SUNという通信規格でつながります。

実は、Nature Remo E Liteの購入検討をしていたとき、マンションのスマートメーターは電話のMDFとかと同じで電力室とかにまとめて設置されていると思い込んでいまして、宅内の機器と通信できるの? なんて疑問に思っていました。 でも実際は部屋の直ぐ外にスマートメーターが設置されていることに気がついて購入を決めました。普段目にしているはずだったんですが、気にかけないと気がつかないものです。 気がついたついでに他の部屋のスマートメーターを見てみたらメーカーが異なる物が付いていました。一時期スマートメーターの不良交換があったりしたせいか、スマートメーター化の時期の違いなのかな。

ということで、現在絶賛データの蓄積中です。電力使用量に連携させて家電のオンオフも出来るんですが、まずは見える化からですかね。