「Life」カテゴリーアーカイブ

ロマネスコ こんなはずじゃ

すくすくと花芽がでかくなると期待していたロマネスコ。なんか大きくならずに、にょきにょき花芽が伸びちゃってます。暑い日が続いたせいか、春蒔だったからかよくわからないですが、こいつはもう収穫するより花を楽しむことにしようと思います。

ちなみにステイックセニュールも大きな蕾ができず、とう立ち気味な感じになってます。 春からも育てても大丈夫なはずですが、なかなか難しい。 秋からもう一度やってみようかと思ってます。

いろいろ花が咲いている

ベランダの野菜立ちの花がさいてます。 チコリは結構葉の収穫をさせてもらってますが、とうとう花になりました。 この花も食べられるらしいのでサラダにしようと思ってます。 でも、一日しか咲いてないみたいです。 インゲンは白い花がいっぱいついていて、小さなインゲンの実も徐々に増えてきてますので、収穫が楽しみです。 ロマネスコは大きな花蕾になるのかなと思っていたんですが、だんだんと別れてきてますね。 これは正しい育ち方なのか気になるところです。

スティックセニュール、ロマネスコ成長速いかも

今年はプランターを一新したベランダ菜園。はじめて野菜をチャレンジしててたりしてますが。 スティックセニュールとロマネスコ、苗を植えて3週目くらいですがどんどん育ってます。

スティックセニュールは中心の花芽を一昨日くらいに摘心したのですが、脇芽の伸びが思ったより速いですね。摘心してから三日で3センチくらい伸びてるんじゃないでしょうか? スティックセニュールのぽっとはベランダの奥目においてあるので日の当たっている時間がプランターの短いと思うのですが、苗自体のぐんぐんでかくなっている感じ。

一緒の時期に植えたロマネスコももう花芽が大きくなって来ています。ここからが時間がかかるんでしょうが、3センチ位の状態ですでに例のフラクタルがちゃんと確認出来ます。 大きくなるのが楽しみですね。

GW クッキング

GWに久しぶりにパスタを手打ちしてみました。 手捏ねしたばかりの生地はちょっとブスな感じだったのですが、カット前にパスタマシンのローラーで何度か延ばし直したら結構まともな麺に鳴りました。ソースもがっつりやろうかと思ったのですが、麺打ちで力つきたので、さっぱりとした和風パスタにしました。 朝からは麺打ち始めて、ランチで食す。 手間の割には食べるときは一瞬ですね。

麺つながりですが、お取り寄せしてあった二郎風麺をつかっての家二郎もやってみました。 こっちは豚だけ作ったのですが、豚バラを30分ほど圧力鍋で煮て、自家製たれに一日漬け込みしてます。普通のラーメン丼に盛りつけたんですが、結構なみなみになりました。野菜はもやし200gですが、もっとあっても良かったかな。

ベランダの仲間が増えたよ

新しいプランターの空きエリアと、古いプランターに初挑戦の野菜を植えました。 ロマネスコ、スティックセニュール、ミョウガと九条ねぎ。 こいつら近所のホームセンターで入手出来なかったのでネット通販してしまいました。

ミョウガは半日陰で大丈夫ということですが、ロマネスコとスティックセニュールはベランダでうまく育つかな?

プランターを入れ替えたよ

例年ならゴールデンウィークに入ってから始めてますが今年は早めに着手してベランダガーデニング。 これまで床にプランターを直置きしてましたが、日当たり、照り返しのせいか植物の育ちがよくない感じだったので、今年はベジトラグ という足つきでたかさがある新しいプランターを導入しました。高さがあるので立ったまま作業ができます。ベランダフェンスより高いのでフェンスの影も当たりにくく、床の照り返しも避けられます。

さて、効果はどうなるかな。

食器棚改造

どんどん、新しい陶芸作品が増えるので食器棚にうまくしまえなくなって使いにくい状態になってました。 最初棚板4枚だったエレクターのラックですが、6枚になり、今回さらに2枚棚板増やしました。かなりの枚数がスタックされていた器も良く使う物を選別して、取出し易い様に移動させました。このエラクターラックは奥行き45cmなんで、棚の奥がデットスペースになるので客様のグラスの予備とか、揃えの漆器とかを奥に押し込んでます。 高さのある棚には100均のメタルラックでサブ棚を入れました。この100均ラック、組立時にエレクタ用のハンマーでたたいてはめたんですが、エレクタの要領でたたいたら簡単に曲がってしまい100均品質を思い知りましたね。

冷蔵庫買い替えました。

使用9年目にして冷蔵庫がこわれたので、最新型に買い替えました。 最初、冷凍庫とのアイスがなんか柔らかいなから始まり、1週間から10日ほどで庫内が室温と同じ状態になりました。冷却最強にしてしのいでましたが、最終的に庫内のLEDランプがエラー点滅状態になりました。 点滅パターンから故障はおそらく「Fエバ・Rエバ・アキュームレータ(低圧側サイクル配管溶接部)」を示しており、要は修理はすごく高いよということ。異変に気がついて製氷とかが出来なくなった段階でさっさと買い替え判断をして発注をしてあったのですが、到着日を待たず完全ダウンとなりました。そのため新型の到着まで三日ほど解凍してしまった冷凍うどんストックが朝ご飯でしたね。(笑)

ちなみに、新型も前と同じ東芝製。短期間での故障のリスクが捨てきれなかったので、真ん中野菜室しばりで三菱も候補だったのですが、さすがに3月発売なのでお財布と相談して東芝と相成りました。

メダカ鉢のマシジミ

去年、メダカ鉢の水の濁り対策のために蜆を何度か投入しました。最初はスーパーで買ってきたシジミを使っていたんですが汽水性のシジミとはいえさすがに真水では1,2週間で死んでしまいエビの餌となっていました。でも、確かに濁り改善の効果は高いので、最終的に淡水性のマシジミをペットショップで購入して入れておきました。 スーパーのシジミは底の方に見える状態だったのですが、マシジミはあっという間に砂の中に潜ったらしく、その後どうなったかもわからずじまいで春を迎えました。最近、メダカの動きも活発になってきたのでメダカ鉢を観察していると底の方になにか穴っぽい物が在ることを発見しました。ずっと見ていると時たま砂煙ぽいのが立ち上ってました。これはもしかしてマシジミの水管かなと思いピンセットでつつくといったん閉じて、しばらくするとまた開くという感じで確かにそれっぽい。掘ってみるとやっぱりマシジミさんが隠れてました。ということで、さらに水底を観察すると同じような穴が5ヶ所ほどあり、同様に時たま水を吹き出していました。去年投入したマシジミは五粒なのでみなさんちゃんと冬を越えて元気でいたんですね。