お尻が痛い、アイアンマン

「アイアンマン」を見に行ってきた。 お約束感のあるストーリーだったけど、結構楽しめた。予告編で流れていたパワードスーツの装着シーンがやっぱり燃えるね。 日本の特撮番組でも似たようなシーンはよく見るけど映画で金かけると一味も二味も違うでき。 でも、装着はすごくシステマチックだけど、脱ぐ方はすごく面倒臭い様子が描かれていたところは笑いのポイント。

ところで、先週打ったお尻だけどまだ痛い。 だいぶ良くなってきているけど、まだイスによっては座るのが辛い時がある。 今回の劇場のイスがそのたぐいだった、本編始まる前の鷹の爪団の前フリ段階でもうなんかお尻がむずむず。 結局上映中はおしりの一を変えるためにもぞもぞしっぱなし。周りの人には迷惑だったかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。