遺伝子検査を受けてみた

いろいろと会社の健康診断でいわれるようになってきて、体重が気になる今日この頃。 ダイエットの傾向対策と興味から、肥満遺伝子検査を受けてみました。結果はバナナ型。若いうちは脂肪も筋肉も少なく逆肥満型、30代半ばをすぎて基礎代謝がおちると内蔵脂肪がつきやすくなるとか。なんか、これまで自分の感じていたのとちょっと異なるようにも思えるんですけど、食生活とかの問診から判断すると「それでもバナナ型」という分類だそうです。ま、診断ですべてが決まる訳でなくあくまで傾向分析ということで参考にしましょう。
バナナ型はタンパク質の代謝が高いので普通に食べても筋肉つきにくいらしいです。ということで、今後の食事はもっとタンパク質をとらないといけなさそうです。
そういえば、メタボ遺伝子検査ってのもあったんですね、こっちもやるべきか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。