MacBook ’12 Retina USB Type-Cの互換性


自宅のモバイル機を4年落ちのMacBook AirからMacBook ’12 Retinaに変えたんですが、一つだけ困っていたことがありましたた。それはUSBデバイスの互換性。 家ではリビングにオムロンの体重計があって、測定データをUSB接続でPCからクラウドサービスにあげて管理していたんですね。 で、ご存知の通り新型MacBookはUSBが3.1のType-Cコネクタのみに変わっています。必然的に変換アダプタのお世話になっているんですが、これが全然ダメ。体重計はUSBのABケーブルなんですが、それをApple純正のUSB変換アダプタでつないでも体重計を認識しない。ログを見た感じではデバイスの生成がタイムアウトでエラーになっています。USB-BCのケーブルやHUBをかませてもダメ。多分体重計との相性だと思うんですが、データの吸い上げができなくてとっても不便。 結局、古いMacBook Airにつないでデータ吸い上げてるんで、いつまでたってもMacBook Airが処分できない。
そんな感じで数ヶ月経ったんですが、昨日ふと思いついたことがありました。同じオムロンの血圧計も持っていてこっちのデータは別の部屋のiMacにつないだNFCのデータ読み出し用のUSB通信トレイっての使って取り出しているんですが、体重計にもAndroidのスマホでNFCでデータ送る機能があるんですよね。 じゃ、この通信トレイ使ったら体重計からのデータ読めるのかなって? 私の持っている体重計にはこのやり方は書いてなかったのですが、オムロンの新しい体重計にはこの説明があることと、USB通信トレイを変換アダプタかましてMacBookにつないでも動作することは以前試してあったので、ちょっとだけ期待して試したらすんなりうまくいっちゃいました。 ケーブルやハブに結構投資しちゃいましたが、これでやっとMacBook Airも下取りに出せそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。