マシーネンクリーガー ゴブリンを作る #8


マシーネンクリーガー ゴブリンの製作。基本的な塗装ができたの汚しに入ります。まずは冬季迷彩の剥がれの加工です。もともと下地にファレホのチッピングメディウムを付けてあるので綿棒にファレホのエアブラシクリーナー(アルコールね)を付けて軽くこするとさらっと剥がれます。剥がれっぷりがいいのでやり過ぎにならないように気をつけて作業します。次は剥がれた部分の下地がつやつやで目立つのでそこを中心にクレオスのウェザリングカラーのホワイトでくすんだ感じに。あとは錆とか泥とかの感じをいれていきます。 どういう感じに仕上げようかと考えながらの作業なので、なかなか進みませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。