黒御影土の花瓶 2種

春の登り窯でつくった作品が上がってきました。 黒御影土で作った花瓶二種です。(背の高い黒いヤツです)

角錐ぽいものが紐作りで唐津釉掛け、ストレートの物がタタラを段ボールの芯にまいて四角く作った物で焼き〆です。唐津の方はもっと雪がかぶった山頂の様に青白が出てくることを期待したんですが、溶岩が流れ出したぽい出来上がりになりました。

ちなみに、真ん中の耳付き花瓶も何年か前の登り窯作品。(伊賀粘土、織部かビードロ釉かな)こちらはろくろですが、高さが思ったほどだせなかったので今回は手法替えて再挑戦ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。