Mac OS X Mountain Lion Server にアップデートしたよ

連休を利用して自宅のサーバーを Mountain Lion Server にアップデートしてみました。 自宅サーバではBlogとメーリングリストiCalサーバの運営をしています。もともと自宅のサーバMac miniでMac OS Xのクライアント版を動かして、必要なサーバプログラムを導入していたのを、Intel Macへの乗り換えを気にMac Mini Serverに移行しています。 アップデート時は毎回、サーバプログラムの構成変更を追っかけて修正作業をするってのが習わしだったのですが、 サーバ版OSにしてから少しは楽になっていましたが、今回は結構大変でした。 もともとサーバ機能としてついていたメーリングリストプログラムがMountain Lionでなくなっていたので再導入と古いデータの手動での移行が必要でした。これはここら辺を参考にしてなんとかなりました。 旧MLのメンバー抽出はこのページのスクリプトがよく理解できなかったので、バックアップデータを新環境にぶち込んでメンバーリスト書き写して再登録しちゃいました。
また、iCalとかもCalenderという感じでちょっと変更がはいっていて自分で作っていた共有カレンダーがiphoneとかからアクセスできなくなってしまいました。 こっちはデータはそのまま残っていたのでクライアントの設定をいったん消去再登録したら元に戻りました。 なんかアクセスパスが変わっていたみたい。
それにしても、Mac OS X Serverのコンフィグレーションってどんどん独自構成になってますね。昔はLinuxとかわかっていれば設定ファイル直編集でなんとかなったけど、いまはいろんなところにファイルが分散している(上書きアップデートのせいかも)のでどれが聞いてるのかよくわからない。そのためLion Serverでは設定ツールがあったんだけど、Mountain Lion Serverではまだ用意されていないようで、結構悩みましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください