結局、Air Mac Time Capsuleをご購入

MacのTime Machine 用に今までShuttleのOMNINAS KD20 ってNASを使っていたんですが、安定してバックアップとれなくなってしまいました。 家では2台のMacのバックアップ先にしてるんですが、元データのでかい方法Macからのバックアップがどうにも安定しない、いつの間にか接続が切れてバックアップは中断。 やり直しすると初期同期から始まってえらく時間がかかる上の、また途中で接続切れる。 接続切れたらNASの再起動をしないと再接続もままならない。 実をいうとこのNASの前にもHPのホームサーバでTimeMachineバックアップを採っていたけど、Mountain Lion非対応とか64bitモード非対応とかになっちゃって、KD20に買い替えた訳。 もともとNASにおまけのメディアサーバ機能とか試したかったのでこれらを選んでいたわけだけど、一度試してもう満足って感じだったので、そろそろ純正機器で安定運用かなと思いAir Mac Time Capsuleのご購入となりました。

で、効果はというとすごく安定。初期バックアップも確実に実行できるし(500GB分ね)、複数接続もOK。更に今までルーター+AirMac Expressで組んであったネットワークもTime Capsule一台に集約しちゃいました。インターネットの入り口にファイルサーバ置くのはどうかと思っていたけど、これはこれで良しって事にしました。 こんなにらくちんなら早くTime Capsuleにしとくんだった。 あとはKD20をどう処分するかですね。 4TBほど積んでるけどデータ移して売っ払うかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください