中華鍋の薫製

ふと思いついて、薫製をつくってみました。

近所のホームセンターでサクラのチップ仕入れてきて、中華鍋を使ってチャレンジ。

素材は、チーズ、フランクフルト、ささ身、帆立。 ささ身は下味つけてボイルして薫製化。

時間の加減は適当に様子見ながら。 初めてチャレンジだったけど、できは程々。

中華鍋を使うと結構内部の温度が上がるようなので、ささ身とかはもっと半生くらいのボイルにした方が仕上がりが程よくなるのかな。 

薫製作った後に、中華鍋で別の料理したんだけど、なんか鍋自体にサクラチップの香りが移っていて作った料理がなんか薫製ぽいできになってしまった。 鍋からの移り香は計算外だったので、今度やる時は鍋の後始末がちゃんとしないとなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。