SPLICEを観てきた

本屋でたまたま手に取った雑誌に紹介されていて、なんとなく興味を持ったので「SPLICE」を都内では上映館が少ないみたいなので、そんなに人気無いのかなとおもっていったけど、結構入っていた。内容は遺伝子操作で作られたクリーチャーが暴走してXXXっていう定番プロットだけど、クリーチャーを育てる科学者カップルのクリーチャーへの接し方が親的愛情から異性に対する感情っていう感じの変化を絡ませているところが狙いかな。先の雑誌の記事ではクリーチャーがエロティックと書かれていたけど、確かに見た目や仕草はそう感じるけど、どうも周りにそうミスリードさせる様にわざと振る舞っているんじゃない? と思えて、気持ち悪いって気分も結構感じたなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。