継ぎはぎだらけの金継

一度割ってしまって金継してあった飯椀をさらに粉砕してしまいました。継いであった部分が割れたうえ、更に細かく割れてしまいました。なんかあきらめるの癪なので、再び金継をしてみました。前は接着から漆でやって金粉を蒔いていましたが、時間も手間もかかるの今回はかなり手抜き作業です。接着はエポキシ接着剤、欠けた部分はエポキシパテで修繕。継いだ部分には一応新漆を塗りましたが、金粉で仕上げずに、陶器用の上絵用の塗料で金を引いてオーブンで焼成しています。下地がエポキシ樹脂なので、耐熱温度が塗料の焼成温度より低いので無理かなと心配していたのですが、まぁ、何とかOKな感じ。(ちょっとだけ変形したけど)

しかし、かなりの継ぎ接ぎだらけになってしまい、わびさびなんてないって状態になってますね。やっぱり買い替えも検討しないと。

金継

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。