猿の惑星 創世記

「猿の惑星 創世記」を観てきました。名作「猿の惑星」のプレストーリーを最新の技術とSFマインドを大きく膨らませて描いた作品です。実は、観る前は最近リメイクされていた「Planet of the apes」のプレストリーダーとばかり思っていました。そもそも、そっちの方は未見でしたのですっかり勘違いです。で、大昔にみた本編「猿の惑星」を思い出しながら観ると、確かにそっちにつながる振りが結構ちりばめらていました。
ストーリーとしては「猿の惑星」につながるなら進化した猿が人類に敵対と思うんですがそうは行かず、進化した猿が人類(というか、医薬品会社や動物園や動物保護施設)の類人猿に対する虐待とか実験に怒りをもち、猿達のリーダーになって施設から脱走、自分たちの新天地で更に進化を進めましょうっていう感じのお話でした。ですので、暴れ回るシーンはかなり押さえられていて、人が死ぬ場面や血が流れる場面も直接的な表現はあまりない。 で、見どころはやはり、主人公シーザーの感情表現、エモーションキャプチャーとかいう装置をつかっているそうですが、CGとは思えない表現の深さ。シーザーが自分の存在意義に悩み、猿達のリーダーになり、自分を育ててくれた人間と別れを決意するそれぞれの場面に正に観る側も感情移入できる素晴らしい映像作りでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。