ミッション:8ミニッツを観てきた

ミッション:8ミニッツを観てきた。人間の脳は死んだ直後なら生前8分分の記憶を保持している。それを取り出して再現することが可能なソースコードなるシステムを使って、爆破テロの犯人を捜すというサスペンス風のノリの映画という予告が流れていますね。 で、予告でうたわれている映画通ほどだまされるというラストは何って感じで見てきました。 設定がもろSFでありがちなだったし、劇中のせりふにそれっぽいことが語られていたので、だまされるって感じはない、実にSF読みなら用意に想像できる結末になっていました。犯人探しも案外さらっとできちゃった感じかなぁ。確かに8分間の再現実験をすごくたくさんしているようにもとれるんだけど、次のテロの実行のタイムリミットまでに犯人見つけるという目的があるのに、実世界の時間の流れと再現実験の時間の流れの関係がいまいちわかりにくかったのが原因ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。