大皿 二品 2013 秋の登り窯作品

今年の秋の登り窯では大皿を2枚ほど作りました。 ごつごつした感じを出したかったので、手延べした粘土にうねりや溝をつけて余り成型しないデザインにしています。釉薬はもっと濃淡がでる出来上がりを期待したので、ちょっと単調でのっぺりした感じになりました。 

大きな皿の方は厚みがあったせいかひびが入ってしまったので、金継で修復して見ました。釉薬が地味だったのでアクセントにはなったでしょうか?

大皿1ひび金継大皿2皿の質感

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。