銀河釉 やきもの体験に行ってきた。 #2


先週の連休を利用して、お気に入りの銀河釉の器を作っている玉峰窯さんのやきもの体験教室に参加するため九州 佐賀までいってきました。二日目はいよいよやきもの体験です。
私は東京で陶芸経験があるので、陶芸始めての奥さんに教えながら作業です。粘土は使いたい放題で、どんどん作品を作ってみて最後に気に入った物を棚板一枚分は焼成してもらえるということ。いろんな石膏型があったので、それを使わせていただきたたら作りから始めます。たたらの粘土も既に伸ばした物が用意されているのですごく楽で、いろいろチャレンジができて奥さんすごく楽しんでました。
私の方も奥さんが集中し始めた頃を見計らってろくろにチャレンジ。電動ろくろは台数が限られているので交代で利用です。粘土の芯だしまでしてもらった上で作業に入れるのでこっちもかなり楽に取り組めます。ろくろ初めての方も結構かっこになった物作れていました。私は経験者ということで自分で勝手にやってましたが、実は芯だしがあまりうまくないのです。芯がずれていても結構も無理やりろくろ引いちゃってました。いつもは後で自分で削るので、これでいいのですが今回は中尾先生が後で削ってくれるとのこと。 他人のひいた芯のずれた作品は削るの大変なそうなので、もう少し手伝ってもらっておいたほうがよかったかなと反省です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。