マシーネンクリーガー ラプターを作る


Ma.K Tamaga Meeting用に作っていたんですが、ニューラリーポーンの大量生産を優先したため途中になっていたラプターが何となく完成しました。今回は、ファレホのチッピングメディウムという塗装のはがれを再現する下地剤を使ってみました。
サフ吹きした後にバンーントアンバーを塗って、はがれ加工をしたいところにチッピングメディウムを塗ります。その上にサンドグレーや、デザートイエローで迷彩をして、デカール、クリアーという順で仕上げます。 チッピングメディウムを仕込んだ部分は後からデザインナイフでこすれば上塗装が剥げるとという仕組みです。 チッピングメディウムはずいぶん前に仕入れて試すの忘れてたんですが、結構良い効果がでますね。ただ塗り重ねで塗膜が厚くなると剥がれにくいかな。下地の塗装もいったんクリア吹いてからチッピングメディウムしたほうが下地まで剥がれちゃうことも少なくなるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。