2022年にはいって壊れた物

Dysonの加湿機能付き空気清浄扇風機が壊れました。 給水タンクの水量検知に不具合が出て満水でもタンクが空と判断されてしまい加湿機能が使えません。 保証は2021年11月で切れていたのですがサポートにと言わせてタンクの蓋の閉め方とか接点の掃除してとか言われましたが改善せず、一般に取寄せ可能なポンプアッセンブリ(給水タンクの蓋と一体の物)を購入して見ましたがこれも効果なし。 この後有料で修理となると数万のオーダーになりそうだったので、いったん修理は断念して、加湿器はDysonの前に使っていた物を引っ張り出して代用しています。

ネットで調べると、家のモデルはDysonの加湿器の機能付き空気清浄機の初期モデルなので、同じような故障を経験している人が多いようでした。引き取り修理してもらっても再発したような話も見かけるので、今後どうしようかなと思ってます。

もう一件は、システムキッチンの照明スイッチ故障。 つり戸棚の下に付けてある物ですが、固定用のプラスチックパーツが破損してスイッチが棚板内に落ち込んで、押し難くなってしまいました。使えないことは無いのですが、そのうちひどくなる可能性もありそうなので修理を依頼しました。 キッチンは2014年にリフォームしたものなんで、リフォーム業者に連絡するか考えたんですが、リフォーム保証では付属品故障の保証期間は2年と言うことだったので、キッチンメーカーのサポートに連絡してみました。

メーカーのサポートページから症状と状況の写真。 あとはシステムキッチンの製造番号を送ったら、土曜日にもかかわらず2時間で連絡の電話がきました。 その時は留守電だったのですが後日の連絡で部品の手配が出来たので金曜か土曜には伺えますとのこと。 土曜に対応をしてもらって一週間で修理できました。 電話をくれた人が直接修理にきたので、メーカーらから地域の担当に直ぐに手配が掛かるシステムなんでしょうね。

壊れた物がスイッチの固定パーツのみので、棚のばらし方が別ればホットボンドで固定でもいいかなとは思っていたんですが、公開されているメーカードキュメントからは棚自体の取り付け方しかわからず、電気配線もあるので、プロにお願いした感じです。 今回、修理の様子見てたので、次に同じ故障おきれば対応出来そうかな。 問題はDysonの方ですね、ポンプアッセンブリは分解できそうですが、原因は本体側っぽいんですよね。 調べてみたいけど、ちょっと見ただけだと分解の仕方がわからないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。