ステッドラーのシャープペンシル

高校生の頃から自分で買う筆記具はステッドラーが多い。シャープペンシルもなぜか0.7mmを使っている。

会社で使っていたシャーペンが壊れたので、新しい物(ステッドラーREG)を買ってきたのだが、使用一日目にしてまたもや壊してしまった。机の上から落として金口の芯パイプをおかしくしてしまったのだ。パイプが緩んでしまい、芯を戻す時紙に一寸力をいれて押し付けると一緒に本体内に沈み込んでしまう。いったん戻ると芯はでにくくなるし、パイプを引き出すには工具が必要な状態で全然使い物にならない。

で、仕方がないので買い直しかなとステッドラーのページを眺めていたら、金口がパーツとして取り寄せられる事を発見した。 やっぱり私と同じ目に会う人が多いのか、もともとデリケートな部品なのだろうか予備パーツがあるんですね。 念のため何個か買っておくかな。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。